LINEでよくトークする友だちを探す手間が省ける「お気に入り」の使い方

LINEの友だちが増えてくると、トークや通話したいときに友だちを探すのに苦労しませんか?そんなときは「お気に入り」リストを活用するのをオススメします!

LINEでトークや通話をしたいとき。友だちの数が増えてくると、探すのも一苦労ですよね。

画面を延々スクロールしないとその友だちがみつからなかったり、スクロールしてもなかなかみつからない・・・・・・なんてこともあると思います。
特に、アドレス帳から自動で友だちに追加される設定にしている場合、連絡を取り合うわけではない相手も友だちリストに入っているため、結構な人数になっているかもしれません。
そこで活用したいのが、「お気に入り」リストです!よく連絡を取る相手を「お気に入り」リストに入れておけば、格段に探しやすくなりますよ。

「お気に入り」に追加する方法

まずは、「友だち」リストを開きます。

次に、「お気に入り」に入れたい友だちの画面を開き、名前の下にある「☆」マークをタップします。

すると、「☆」マークに色がつきます。これは「お気に入り」に追加されたという意味です。

ちゃんと追加されたかどうか、「友だち」画面で確認してみると・・・・・・

・・・バッチリ「お気に入り」の一番上に追加されています!
今後は、「友だち」リストの「お気に入り」から探せばOKですね。

友だちの名前の頭に属性をつけておく方法も

ちなみに、さらに探しやすくするために、友だちの名前(表示名)の頭に分かりやすい属性を付けておく、という方法もあります。
たとえば、こんな感じに。

表示名は、友達のプロフィール画面から変更することができます。
ワタシは仕事柄、取材当日にカメラマンさんと連絡を取り合うことが多いのですが、アドレス帳から自動的に友だちリストに追加されて、こんな感じになってました(笑)。スマホのアドレス帳で相手の名前を登録する際、パッと見て分かるよう、名前の前に「カメラ」と付けていたからです。
他にも、相手の名前の頭に「会社」「大学」「親類」などを付けておけば、その属性を付けておいた友だちはまとまって表示されるので、だいぶ探しやすくなります。
友だちリスト画面の一番上にある検索窓から、その属性キーワードで検索することもできますよ!
「お気に入り」リストに入れた人数が膨大になった場合も、属性が付いていれば探しやすいはず。「お気に入り」と属性、併せて活用してみてくださいね!

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

あなたにオススメ
Recommends