LINEでブロックされるとどうなるの?

LINEを使っているとよく聞くのが「ブロック」の話。ブロックされたかを確かめる方法、実際にブロックされるとできなくなることについて調べてみました!

LINEを使っていて「もしかしてブロックされてる?」と感じたり、「この人をブロックしたいな」と思ったりした経験はありませんか?

ブロックってどういう状態?

そもそもブロックとは、指定した相手を友達リスト上で非表示にして、メッセージや着信などのやりとりをできなくする機能のこと。
ブロックされてもメッセージ自体は送れるものの、ブロックされた側に通知はいかないため、自分がブロックされたかどうかはわかりにくいのが特徴です。では、どうすればブロックされたかどうかがわかるのでしょうか。

ブロックされたかどうかは「タイムライン」でわかる

実は「相手のタイムラインを見られるかどうか」が、自分が相手からブロックされているかどうかの判断材料となっています。
自分がブロックされているかどうかを知りたいときは、まずは自分の「タイムライン」をチェックしてみましょう。
もしブロックされてしまった場合、ブロックされる前まではタイムライン上に見えていたはずの相手の投稿が、すべて見えなくなっているはずです。
今までタイムラインに登場していた友達が急にいなくなったら、ブロックされたのかも・・・と思ったほうがいいでしょう。
タイムラインのほかにも、ブロックされたことで生まれる変化をご紹介します。

トーク編 ~いつまで経っても既読がつかない!

こちらはブロックされる前の画面です。

こちらはブロックされた後、メッセージを送ったときの画面です。
ブロックされるとメッセージに既読がつかなくなります。自分からメッセージを送ることはできたとしても、相手が自分のメッセージを読めない設定になるため、いつまで経っても既読表示がつきません。
ブロックが解除されても、ブロックされている間に送ったメッセージは相手に再表示されることはないため、既読になりません。

音声通話編 ~発信できるけど伝わらない!

ブロックされると音声通話が使えなくなります。

自分から音声通話を発信することはできますが、相手には着信されず、着信があったことも伝わらない設定になります。呼び出し音が鳴り続けるだけです。
メッセージや音声通話ではなかなか気づきにくいブロック。相手からまったく反応が返ってこなくなって、「もしかしてブロックされているかも・・・」と思ったら、まずはタイムラインをチェックしてみてくださいね。

あなたにオススメ
Recommends

池田園子(いけだ そのこ)

86年生まれのフリーライター。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。10以上の媒体に執筆中。恋愛やWeb、スマホ、会社、ガジェットネタ、広告案件などを手がける。著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。Sonoko Blog