【全国】秋の絶景へ!紅葉も登山も楽しめるおすすめの山7選

秋といえば色とりどりに染まる美しい紅葉!今回は日本全国の紅葉が美しい山をご紹介します。運動不足解消と心のうるおいを求めて、季節の風を感じに出かけてみましょう♪

秋も深まり、紅葉の美しい季節を迎えました。今回は、紅葉と登山の両方が楽しめる山をご紹介します。美しく色づいた山を歩き、四季の移ろいを目や肌で感じてみませんか?

八甲田山(青森) <見頃:9月下旬~10月中旬>

東北で一番早く秋がやってくる、といわれる八甲田山。周囲が原生林に囲まれており、息を呑むほどの彩り豊かな紅葉を楽しむことができます。周囲には温泉地もあるので、紅葉&温泉でのんびりするのも素敵ですね!
東北のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

苗場山(新潟・長野)<見頃:9月下旬~10月下旬>

新潟と長野の県境に位置する山。赤く染まる紅葉や、美しい清流を眺めながら秋の風景と空気を体感できます!
北陸・甲信越のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

大山(神奈川)<見頃:11月中旬~11月下旬>

大山寺~大山阿夫利神社下社の周辺にある木々が紅葉し、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。
大山阿夫利神社下社の近くまでは、ケーブルカーに乗っていくこともできます。ケーブルカーに乗りながら紅葉狩りも大人気です。
神奈川のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

高尾山(東京)<見頃:11月上旬~11月下旬>

1年を通してハイキングなどのレジャーで親しまれている高尾山。秋は多くの観光客で賑わう、都内を代表する紅葉の名所です。
ケーブルカーで移動をしながら見る紅葉は格別。また、山の中腹に位置する薬王院から見える赤・黄・橙に色づく木々の姿には、思わず目を奪われてしまいます。
東京のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

立山(富山)<見頃:9月中旬~11月中旬>

立山は、3つの峰(雄山・大汝山・富士ノ折立)の総称を指します。標高が高く、山の上の方から麓までゆっくりと紅葉が移動するため、立山黒部アルペンルートから長い期間、美しい景色を楽しむことができます。
ハイマツの濃緑・チシマザサの淡緑など、赤や黄などの他にも、幅広い色彩を楽しめますよ。10月の平均気温は4~8℃、11月には気温が氷点下になることも。しっかりと防寒対策をして出かけましょう。
富山のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

御在所岳(三重)<見頃:10月中旬~11月上旬>

標高1,212mの名山・御在所岳(ございしょだけ)。約1カ月をかけて、山頂から山すその湯の山温泉街へと紅葉が徐々広がっていきます。ロープウエーに乗れば、朱・黄・緑に染まった山肌の美しさを一段と楽しめます。訪れたらぜひ乗りたいですね。
寒さを感じずに、広いエリアで紅葉をたっぷり愛でたいのなら、10月末頃がおすすめ。
東海のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

雲仙岳(長崎)

島原半島の中央にあり、賢岳を主とする三峰五岳からなる山々の総称・雲仙岳。秋にはコハウチワカエデ、イロハモミジ、ウリハダカエデなど約120種類もの木々が紅葉し、毎年国内外から多くの観光客が訪れています。
標高1,080mにある仁田峠展望所からの絶景はぜひ見ておきたい!山麓に湧く雲仙温泉も人気です。
九州のおすすめ紅葉スポット情報はコチラ

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。