キーボード選びに役立つ!主な4タイプの特徴をまとめてみた

キーボード売り場を覗いてみると、思った以上に種類が多くて価格帯もバラバラ。何がどう違うのか・・・解説します!

先日、いきなりキーボードがまったく反応しなくなってしまい、急いで量販店のキーボード売り場に走った筆者。そこでズラリと並ぶキーボードの種類にビックリしました。しかも価格帯もバラバラ。普段何気なく使っているキーボードですが、実は色々種類や方式があるんですね~。

今回は主な4タイプをそれぞれまとめてみました。キーボードの新調を考えている方、ご参考にどうぞ。

安価で気軽に買える「メンブレン方式」

現在出回っているキーボードで最も多いのがこの「メンブレン方式」。「メンブレン」とはスイッチが厚さ数ミリの薄いシートのようになっている仕組みで、電子レンジや電気ポットのボタンにも使用されています。

上下2枚の接点シートがキータイプによって触れ合う仕組みで、キーボードの中でも構造がシンプルなのが特徴。キーに厚みがあり、指でタッチしたときの反発力が高いとされており、長時間使用していると指や手が疲れてくるという説もありますが、あくまで個人の好みで選んでOK。

価格が1,000円弱~5,000円程度と、汚れたら買い換える感覚で買えるリーズナブルさも魅力ですほかのタイプのキーボードを使っている人も、予備用として買っておくのもオススメ。

プログラマーなどにも人気の「パンタグラフ方式」

こちらは、キー自体の構造が鉄道車両の屋根に取り付けられている平行四辺形「パンタグラフ」の形状に似ていることから「パンタグラフ方式」と呼ばれています。ノートパソコンの多くはこの方式が採用されています。

特徴としては、厚みが薄いので反発力が弱く、指や手が疲れにくいといわれています。ただ、キーが平らなため、人によっては打ち間違いが多くなると感じる場合も。価格は2,000~6,000円台のものがあり、メンブレン方式ほどではないにせよ、お安く手に入ります。

キーボードにこだわるなら「メカニカル方式」

メカニカル方式」は、キーの一つひとつに電気的なスイッチが設けられているのがほかのキーボードとの一番の違い。キーの反発力はバネのちからを利用しているので、押すと徐々にキーボードが沈み込み、滑らかなタイピングタッチと独特な「カチカチ」というタイピング音が特色です。

またスイッチに、キーの戻ろうとする反発力を和らげる作用があり、長時間使用しても疲れにくく、全てのキーが独立しているので、ひとつのキーが破損してしまっても修理をすれば使い続けられます。

プログラマーやゲーマーなどにも人気で、ゲーミングキーボードもこの方式のものがよく見られます。価格は6,000円程度のものから、高くなると10万円ほどの高級キーボードまでさまざま。

軽いタッチが魅力!「静電容量無接点方式」

静電容量無接点方式」は、キーボード内部のキースイッチの構造部分に「静電容量無接点方式」という仕組みを採用しているキーボードです。タッチが軽くなめらかで、長時間パソコンを使っても指や腕の疲労感が出にくいといわれています。

また構造上、電極に機械的な接点がないため、部品が摩耗せず、耐久性が高いのがメリット。こだわりのキーボードだけあって、安いものでも20,000円~と価格はお高め。ただ、長持ちするので買い替えの頻度を減らせることや、疲労感の軽減で作業の効率を維持できることを考えると、決して高い買い物ではないのかも……?

キーボードは見た目でどの方式かを区別するのは難しいので、パッケージなどをきちんと見ましょう。用途や使用する時間などをもとに、自分にあった1台を探してみてくださいね!

▼キーボードを探すならコチラから

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。