あなたは「拡張子」表示派? それとも非表示のまま?

Windows XP以前は、初期設定で見えていたファイルの「拡張子」。Windows 7の初期設定では見えないようになっています。何のファイルか確かめるために、「.txt」や「.xls」を表示する方法は?

拡張子(かくちょうし)ってご存知ですか?
普段やりとりしているファイル名称の末尾につく、ドット( . ←この点です)以下の文字のことです。
この拡張子を表示しておくと、そのファイルがどういう種類のソフトで作られたファイルなのかが判別できるようになります。「.doc」ならワード、「.xlsx」ならエクセル、というように。

例えば上記の『拡張子について.doc』というファイル。これはワードで作ったものですが、黄色の下線に注目してください。この「.doc」が拡張子です。
その他の拡張子には、たとえばこんなものがあります。

  • メモ帳の場合は「.txt」
  • エクセルの場合は「.xls」や「.xlsx」

Windows XP以前は、最初からこの拡張子が表示されている設定でしたが、Windows 7では最初から表示されていない状態なので、これを表示する方法を確認しておきましょう。

Windows 7で拡張子を表示する方法

Windows 7では、次の手順で「拡張子」を表示することができます。

  1. 画面左下のウィンドウズマーク(丸い4色の旗のようなアイコン)を押して、「コントロールパネル」を選ぶ

  2. 「コントロールパネル」の画面が開いたら、「デスクトップのカスタマイズ」を選ぶ

  3. 出てきた項目の下の方に、「フォルダーオプション」という文字があるので、それをクリック

  4. すると、「フォルダーオプション」の小さな画面が別に出てくるので、その中にある真ん中のタブ「表示」をクリック

  5. 「詳細設定」の中にある、「登録されている拡張子は表示しない」という項目には、最初からチェックがついているのでそれをはずし、「適用→OK」をクリック。

これで終了。
試しに、デスクトップなどにあるファイルの名称を確認してみてください。「拡張子」が表示されてますよね?
もちろん、この設定をしたまま普段通りにパソコンを使って問題ありません!
BIGLOBE百科事典「拡張子」

あなたにオススメ

大内 征(おおうち せい)

宮城県仙台市出身。元エンジョイ!マガジン編集部員。現在は「故郷・地方・地域社会・自然」をテーマにコンテンツ・プロデュースを行うとともに、コラムや原稿なども執筆している。 ⇒ローカライズ プロダクション(loca-rise production)