ファッション性抜群。「カッコイイ花粉対策」してみました!

マスクにゴーグル、まぶかに帽子をかぶっていかにも「花粉対策してます!」っていう格好には抵抗がある人、こんなカッコイイ花粉対策アイテムがあるのをご存知ですか?

この時期、鼻水もでるし、目もかゆい。
でも、マスクにゴーグル、まぶかに帽子をかぶっていかにも「花粉対策してます!」っていう格好には抵抗がある人、けっこう多いよね。
かといって、お医者さんで出してもらう薬も飲むと眠くなるから、それはそれで大変。
どうにかして、眠くならずにスマートに花粉対策ができないものか・・・

で、たどり着いたのが、こんなアイテムでの「花粉対策コーディネート」です!

花粉を90%カットするメガネ「JINS花粉Cut」

この「JINS花粉Cut」、一見するとフツーのメガネなんだけど、ナント、目に入る花粉を90%以上カットしてくれる花粉対策用のメガネなのだ。
よく見かけるゴーグルと違ってオシャレなデザイン。
だけどフレームが顔にフィットするので、脇から入り込みにくい。

こんなふうにツル部分も幅広で、レンズまわりのフレームも隙間をなくすようにデザインされている。

でもその半面、通気性がよくないから、汗ばんだりすると、少々レンズがくもってしまうことも。
そんな場合は、曇り止めを塗って対処すれば大丈夫!
価格は3990円とリーズナブル
プラス4990円で度付きレンズにも替えられるからメガネ派でもコンタクト派でも、視力のいい人でもOKだ。
オンラインショップやJINSの各店舗で購入可能。
※料金は2012年2月時点の情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

顔や鼻にひと吹きで花粉をキャッチする「ポレノン」

この「ポレノン」は、顔や鼻に向けてシュッとひと吹きするスプレータイプの花粉対策グッズ。
主成分のペクチンやDNAが、花粉を吸着して取り除いてくれるというものだ。

シュッとするだけでいいから、とってもお手軽。
女性の場合は、お化粧を気にしないで使えるからいいよね。

手のひらサイズなので、バッグに入れておけば、いつでもどこでも使えて便利。これでマスク姿ともお別れだ。オンラインでも小売店でも入手が可能。

花粉が付きにくい「花粉プロテクトコート」

花粉を目や鼻に入れないことも大事だけど、服に付着させないことも重要だ。
服に花粉を着けたまま家に入ると、家中花粉だらけになってしまう。
そうならないために、花粉が付きにくい服が必要なのだ。

この「花粉プロテクトコート」は、高密度に織られた凹凸の少ない生地を採用。

繊維の隙間に花粉が入りにくく、花粉が付いても軽く払うだけで落とすことができるのだ。

収納袋に入れて持ち運べる”モバイル仕様”。
気候が変わりやすい春には便利な機能だ。
撥水性も高いので、スプリングコートとしてだけでなく梅雨のレインコート代わりにも使えそうだ。
これは「ステンカラーショートコート」だけど、ほかにも種類があるので、好みのデザインを選んでみよう。SANYOオンラインショップでも取り扱っているぞ。

これが「カッコイイ花粉対策」コーディネート

これらのアイテムを使って、さっそく「花粉対策」をしてみました!

こちらはカジュアルなコーディネート。
オフの日やスーツを着ない人は、こんな感じで着こなしてはどうでしょう。
メガネは、ちょっと遊び心の入った「クリア」です

そしてこちらが、スーツの場合。
メガネのカラーは、無難に「グレー」、襟は立てずに、オーソドックスに着てみました。
ね、いいでしょ!?
モデルがボクなのさえ無視すれば、かっこよく、しかもさりげない花粉対策としては大成功!
ちなみに、コーディネートのお値段は

  • JINS花粉Cut・・・3990円
  • ポレノン・・・3000円
  • ステンカラーショートコート・・・2万9400円

※2012年2月時点の金額です。最新の情報は各公式サイトをご確認ください。
毎年花粉に悩んでいる人も、花粉症になりたくないから予防したいという人も、ぜひ「カッコイイ花粉対策」、実践してみて!

あなたにオススメ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』