GW明けに「なんだか体調がスッキリしない」「会社や学校に行きたくない・・・」と心身症状が表れる「5月病」。
なんと最近は5月ではなく、1ヶ月ズレて「6月病」になってしまうことが多いそうです。

そもそも「5月病」って何?

「5月病」とは、主に新年度である4月から、新しい環境に身を置くことでストレスがたまり、不眠や落ち込み、イライラ、だるさなど心身の不調をきたしてしまう症状全般を指します。

特に新入生や新入社員が、会社や学校に慣れてきた頃、GWで長い休みを取った後に急にトーンダウンしてしまうことが多いといわれています。これは正式な病名ではなく、医学用語では「適応障害」に分類されるそう。ちなみに「6月病」も同様の分類となります。

なんで6月なの?

なぜ6月に心身症状を訴える人が増えたのでしょうか。
その理由として、近年は新人研修期間が長めに設定されるようになり、研修が終わって正式に配属が決まるのが6月頃になるという説があります。

また、6月頃は新人気分が抜けて本格的に自分の仕事に直面し、思い描いた理想と違って落ち込んでしまうというパターンも。

さらに、5月の連休で4月の疲れをリフレッシュするものの、6月のジメジメした湿度や気候で抑うつ状態になってしまうという話もあります。

どんな人がなりやすい?

5月病や6月病になりやすい人は「真面目」「完璧主義」「几帳面」という性格の人が挙げられるそうです。仕事とプライベートの切り替えがニガテな人も、業務時間以外でも仕事のことばかり心配してストレスをためやすいそう。

特に入学や入社、部署異動などで4月から新しい環境になった人は知らず知らずのうちに無理をしてるかもしれません。

不調を感じたら・・・

「6月になってなんか落ち込みやすいなー・・・」と思ったあなた。サイクル的に不調を感じる人が多い時期なので、あまり悲観せず、意識的に運動をしてリフレッシュしたり、場合によっては受診したりしてみてはいかがでしょうか?

産業医に相談してみるのもおすすめです。また、職場などで周りで調子が悪そうな人がいたら、「もしかしたら6月病かも?」と気にして様子をみてあげるとよいでしょう。

梅雨も始まり、体調を崩しがちなシーズン。マイペースを保って乗り切りましょう!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック