煎茶、ほうじ茶、玉露……それぞれお茶は淹れ方が違うってホント?

日本茶は種類によって適したお湯の温度が違うから、適当に淹れるとおいしくなくなってしまう。そこで、お茶の種類に合った適温でのおいしい淹れ方を紹介。温度計を使わず簡単に淹れられるぞ。

煎茶、ほうじ茶、玉露……日本茶は種類によって使うお湯の適温が違うって、知ってた? だからいい加減に淹れるとお茶本来の味わいが引き出せなくて、おいしくなくなってしまうのだ。
そこで、お茶の種類にあった適温でのおいしい淹れ方を紹介していこう。
え? 温度を測ってまで淹れるのは面倒? いえいえ、温度計などを使わなくても適温にする方法があるんです!

まずはお茶の成分の特徴を知ろう!

お茶に含まれている旨味成分はアミノ酸。これを上手に抽出するとお茶本来の旨味が味わえる。アミノ酸は50℃以上で抽出することができるので、まずはこの特徴を頭に入れておこう。
次にお茶の渋み成分。この主成分はカテキンで、80℃以上で抽出することができる。ほのかな苦みはお茶をおいしくするけれど「このお茶、渋すぎる~!」というのはNG。80℃以上の高温で長い時間抽出していることが渋すぎの原因のひとつだ。
では、お茶をおいしく淹れるのに重要な温度は、どのように測ればいいのだろう? ひとつの法則を知っていれば、いちいち温度計で測る必要はない。その法則とは「お湯は移し替えるたびに10℃下がる」というものだ。
100℃のお湯を湯呑に移したら90℃、そのお湯を急須に移したら80℃、というふうに移し替えるごとに10℃下がる。これを覚えておけば、お茶を淹れるときの湯温が何℃なのかがわかるというわけだ。
ではそれを踏まえて、お茶の種類別の淹れ方を紹介していこう!

高温で香り高く! 玄米茶・ほうじ茶の淹れ方

まずは玄米茶・ほうじ茶の淹れ方から紹介していこう。これらのお茶は、旨味成分や渋み成分が少なく香ばしさが特徴。高温で抽出しても渋み成分が出過ぎることはないので、高い温度で淹れて、香ばしさを際立たせる。
そんな理由から玄米茶・ほうじ茶は、沸騰直後の95℃くらいで淹れるのが基本。
1. まず急須に茶葉を入れる。2人分でティスプーン山盛り2杯(4g)が目安だ。

2. そして直接、沸騰したお湯を急須に入れる。お湯の量は2人分で200cc。これで30秒ほど置いてから湯呑に注ぐ。

3. 急須にお湯を残さず、最後の一滴まで注いで旨味を出し切ろう。

渋みを出さない適温で! 煎茶の淹れ方

煎茶の場合は、あまり高温で抽出すると渋みが出てしまうので、80℃を目安に淹れよう。
1. まず、急須に茶葉を入れる。2人分でティスプーン山盛り2杯(4g)が目安。

2. 沸騰したお湯を湯呑に入れて温度を下げる。お湯の量は2人分で200ccほど。

3.湯呑のお湯を急須に入れ、30秒ほど待ったら湯呑に注ごう。

旨味を引き出す低温抽出! 玉露の淹れ方

玉露などの高級茶の場合は、低温で淹れるのがポイント。もともと渋み成分が少なく旨味の強い茶葉なので、より旨味が出るように抽出する。お湯の温度は60℃が目安だ。
1. 沸騰したお湯を急須に入れる。

2. そのお湯を湯冷ましやマグカップへ移し替える。

3. そこから湯呑へお湯を移す。

4. 急須にティスプーン山盛り3杯(6g)と少し多め茶葉を入れたら、湯呑のお湯を急須に入れる。お湯の量は100ccと少なめ。1分ほど置いたら湯呑に注ごう。

こんな淹れ方の基本を覚えて、あとはお湯の温度を高くしたり、茶葉の量を多めにしたりして、好みのお茶の味を探してみよう。

関連記事

絵に描いたような茶柱を立ててみたい!~どうすれば茶柱が立つのか検証してみた
タリーズをもっとお得に!スタバに負けない4つの楽しみ方
コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

あなたにオススメ
Recommends