iPhoneユーザーの皆さん。バックアップを取るときに、iTunesとiCloudのどちらを使ってますか?

iTunesとiCloudがよくわからない・・・を解決!

どちらの方法を選ぶかはユーザー次第。ゆえに、両者はよく比較されます。

iTunesは、もともと2001年に音楽再生プレイヤーとしてリリースされたツールで、iPhoneが登場する前から音楽再生・管理用のプレイヤーとして使われてきました。なので、そのイメージが強い人もいるかもしれませんが、今ではバックアップ管理ツールとしてもおなじみですよね。

iCloudは、2011年4月にスタートしたクラウドサービス。比較的新しいサービスということもあり、実はよく分かっていない、という人もいるかもしれません。

今回は、iTunesとiCloudでバックアップするとどうなるのか、という点を分かりやすく説明したいと思います!

※Windows 7のパソコンを使った例で説明します

保存方法と必要な環境が違う

iTunesでバックアップを取るには、パソコンが必要です。バックアップしたデータはパソコンのハードに保存されます。そのため、自分でiPhoneをパソコンに繋げてバックアップを取る必要があります。

iTunesとiCloudがよくわからない・・・を解決!

一方iCloudの場合、パソコンは不要。自動でバックアップがネット上に保存されます(iPhoneで「設定」→「iCloud」→「ストレージとバックアップ」へと進み、「iCloudバックアップ」をオンにして、画面に従い設定します)。

iTunesとiCloudがよくわからない・・・を解決!

ただ、iCloudでバックアップを取るにはWi-Fi環境が必須。iPhoneを3GやLTEで繋げていても、iCloudのバックアップ機能は使用できないので、人によってはここがネックになるかもしれません。

とはいえ、iPhone、iPad、iPod touchなど複数のAppleデバイスを使っている人にとっては、常に同じデータにアクセスできるため非常に便利と言えそうです。

バックアップできる対象が違う

iTunesとiCloudとでは、バックアップできる対象が異なります。

iCloudは基本的には重要なデータだけがバックアップされます。両者が共通して保存できるのは、

  • カメラロール内の写真・ビデオ
  • アプリのデータ
  • アプリのデータとホーム画面での配置
  • メッセージ
  • 着信音
  • ボイスメモ
  • Appleから購入した音楽・映画・動画・ブックなど


iTunesでは、それに加えて、

  • 通話履歴
  • 壁紙
  • 『カレンダー』のデータ(イベントやカレンダーアカウント)
  • ソフトウェアキーボードの入力候補
  • Wi-Fiやメールアカウントのパスワード
  • 『マップ』のブックマーク

なども保存されます。

つまり、データは可能な限りバックアップしたい!という人にはiTunesが向いていると言えます。

保存できる容量が違う

iCloudにバックアップできる容量は5GBまで。容量を増やしたい場合は有料プランの契約が必要です。

iTunesとiCloudがよくわからない・・・を解決!

一方、iTunesでバックアップを取れる容量は、パソコンのハードディスク容量に依存します。つまり、ハードディスク容量に余裕があるなら、いくらでも保存できます。

どちらを選べばいい?

というわけで、iTunesとiCloudには、それぞれ一長一短があります。

・バックアップ方法 → iCloudの方が楽
・バックアップ対象 → iTunesの方が広い
・バックアップ容量 → iTunesは無制限(PCのハードディスク容量による)

どんな人が、どちらを使うべきかをまとめると、
    <iCloud>
  • パソコンを持っていない人
  • 自分でこまめに保存するのが面倒な人
  • パソコン、iPad、iPod touchなど、複数のAppleデバイスを所持している人
    <iTunes>
  • Wi-Fi環境がない人
  • Appleを介さない音楽データなども保存したい人
  • iPhoneに保存してある音楽や画像の量が膨大な人

・・・などが言えるかもしれません。

ちなみにワタシの場合、iPhoneに入っている画像の量が多すぎるので、iCloudの無料プランではバックアップを取れません。なので、基本的にはiTunesでバックアップを取っています。

が、カレンダーや連絡先など、「データが消えたら結構困る」いくつかの項目については、iCloudで同期されるよう設定しています。一括でバックアップを取る以外にも、下記のように項目を選んで「オン」にしておくと、iCloudで自動的にバックアップを取ることができるのです。

iTunesとiCloudがよくわからない・・・を解決!

iCloud.comにログインすると、パソコンからもバックアップデータにアクセスできます。

iTunesとiCloudがよくわからない・・・を解決!

カレンダーや連絡先だけでも、iCloudでバックアップしておけば、いざというときに安心です。iPhoneをなくしたときに活躍するはずの機能「iPhoneを探す」も「オン」にしておくのをオススメします。

iTunesのみを使うも良し、iCloudのみを使うも良し、両者を併用するも良し。長所と短所を見比べつつ、自分にとってベストな使い方を探してみてください!

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック