iPhoneでアプリのアップデートを自動or手動にしたい

iPhoneアプリのアップデートは、自動と手動、どちらにしていますか?
「勝手にアップデートが始まって困る」「いちいち手動でアップデートするのが面倒くさい......」などでお困りなら、自分に合った設定で快適なスマホ生活を送りましょう!

Wi-Fi環境でのみ自動アップデートにしたい場合

アプリのアップデートは通信料がかかるので、Wi-Fi環境でのみ自動アップデートにしたい人が多いかもしれません。

設定方法は、iPhoneの「設定」アプリをタップして、「iTunes StoreとApp Store」を選択し、「アップデート」をオンにするだけ。

iPhoneでアプリのアップデートを自動or手動にしたい

iPhoneでアプリのアップデートを自動or手動にしたい

このとき「モバイルデータ通信」をオフにしましょう。ここをオンにしていると、アップデートをする際にモバイルデータ通信を使用してしまいます。

「アップデートはアプリを選んで手動でやりたい」という人は、前述の「アップデート」をオフにすればOK。
自分の好きなタイミングで、「App Store」を起動して、画面下部にある「アップデート」から任意のアプリをアップデートしましょう。

iPhoneでアプリのアップデートを自動or手動にしたい

iOS12からはOSも自動アップデートできるように

意外と知られていませんが、iOS12からはOSも自動アップデート設定ができます。

やり方は、「設定」アプリ→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「自動アップデート」をオンもしくはオフにすればOK。

オンにしていても、いつでもどこでも始まるわけではなく、夜間にiPhoneを充電中かつWi-Fiに接続されているときのみにアップデートされます。さらに、アップデートが始まる前に通知もくるので安心です!

関連記事

iPhoneで画面サイズが突然半分になるのはなぜ?
iPhoneのうっかり連写を防ぎたい!バーストモード対策
【iPhone】メールやLINEで簡単に記事や画像を共有する方法

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック