寝る前にiPhoneで音楽を聴きながら、うっかり寝落ちしてしまった経験はありませんか? iPhoneを充電器につながないまま利用すると、朝起きたら電池切れ・・・・・・なんてことも。

実は、iPhone/iPadにデフォルトで入っている「時計」アプリには、ミュージックアプリを自動的にオフにする「オフタイマー機能」があるんです。

iPhoneには、音楽やラジオを自動で止めるオフタイマー機能があった!

さっそくオフタイマーをかけてみましょう。

※記事ではiPhone 6を使用

1、「時計」アプリを起動し、「タイマー」をタップ。

iPhoneには、音楽やラジオを自動で止めるオフタイマー機能があった!

2、「タイマー終了時」をタップ。初期設定の状態では、「レーダー」に設定されています。

iPhoneには、音楽やラジオを自動で止めるオフタイマー機能があった!

3、画面を下までスクロールして、「再生停止」をタップ。次に、「設定」をタップします。

iPhoneには、音楽やラジオを自動で止めるオフタイマー機能があった!

4、再生を停止するまでの時間を設定。ここでは、30分後に自動で音楽が切れるように、「30分」と設定しました。「開始」をタップすると、カウントダウンが始まります。

iPhoneには、音楽やラジオを自動で止めるオフタイマー機能があった!

5、これで下準備は完了。「ミュージック」アプリを起動し、好きな音楽を再生しましょう。

iPhoneには、音楽やラジオを自動で止めるオフタイマー機能があった!

この記事では、再生を停止するまでの時間を30分と設定しました。「時計」アプリで「開始」をタップしてからちょうど30分が経過すると、音楽の再生が停止し、ロック画面が表示。これで、心地良い音楽を聴きながら寝落ちしても、iPhoneが電池切れになる心配はありません。

実はこの機能、「ミュージック」だけでなく、「radiko.jp」や「TuneIn Radio」といったラジオアプリのほか、「YouTube」などの動画アプリにも応用可能。ここで紹介した手順と同様の方法で、ラジオや動画再生を自動でオフにできます。

深夜帯のラジオを楽しみにしているけど毎回寝落ちしてしまうという方や、お気に入りの音楽を聴きながらリラックスして眠りたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

ピックアップ

エンジョイ!マガジン編集部

BIGLOBEのWEBマガジン。「やってみた」の体験レポやパソコン・ネットに関する小ネタ、 そして音楽等エンタメネタまで、さまざまな「エンジョイ!!」をみなさんにお届けします。

記事(71本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック