iPhoneのロック画面では、通知が届いた際、その通知を右にスワイプするとたいてい詳細を見られるようになっています。

たとえば、メール受信通知を右にスワイプすると、そのままメールを開封できたり、なんかは良い例です。ご存知の方も多いですよね。

じゃあ、逆に、左スワイプしてみたことはありますでしょうか?

実は左にスワイプすることでアプリごとに裏メニューが隠されていたのです。
え、そんな機能があったのか! と思わされるロック画面通知の左スワイプについて、今回はご紹介します。


メールの通知を左にスワイプすると?

まずはじめに紹介するのは、メールの通知です。
メール受信をした際、ロック画面に表示される通知を左スワイプしてみると・・・



この通り、「×」ボタンが出現し、「×」ボタンを押すとロック画面から通知を消してくれます。

どんなときに便利かというと、たとえばクライアントとの打ち合わせ中、テーブルに置いてあるiPhoneにプライベートなメールやメルマガが届き、このロック画面に送信主が表示されたとき。
左スワイプ後に×ボタンを押せば、そっとその通知を消すことができます。


カレンダーの通知を左にスワイプすると?

続いては、カレンダーアプリの予定通知です。
カレンダーに予定を入れる際に通知を設定しておくと、予定時刻や30分前などに知らせてくれるというあの通知を左にスワイプしてみると・・・



「×」ボタンに加えて、今度は「再通知」の青いボタンが出現しました。
「通知きたけどすぐまた忘れそう!いま忙しいし・・」という方には、この再通知はおすすめです。


リマインダーの通知を左にスワイプすると?

最後はリマインダーアプリの通知です。
忘れたくないタスクを、時間や位置情報に応じてリマインドしてくれるこの機能。
さてさてロック画面に表示される通知を左スワイプしてみると・・・



この通り、上述した2つのボタンに加えて、「実行済みにする」ボタンが登場しました。
この「実行済みにする」ボタンを押すことで、タスクが完了したものについては、リマインダーアプリを開かずとも、実行済み、とすることができます。

リマインダーに頼ることなくタスクを完了できていた場合に、簡単に実行済みにできるのは便利ですよね。

ということで、いかがでしたか?
ほかにもアプリによって独自の左スワイプ機能が用意されていることがありますので、ロック画面に通知が表示された際には、試しに左スワイプをしてみてください。

もしかすると、便利な機能が隠れているかもしれませんよ!

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(208本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック