iPhone標準の「リマインダー」を家族と共有して、買い物忘れを防げ!

iPhoneのリマインダーは、自分以外のだれかと共有して使うことができます。タスクの管理や買い物リストにと使い方はいろいろ。家族揃ってiPhoneを利用されている方はぜひこの方法を試してみてください!

iPhoneの標準アプリ「リマインダー」が便利で、日常的によく使っています。

タスクの管理や買い物リストとして、用途にあわせたリストを作ることができ、仕事でもプライベートでもとても重宝するんです。
そんな「リマインダー」ですが、実は同僚や家族など自分以外の人と共有して使うことができるのをご存じですか?
共有方法は、
リマインダーで作成したリストの「編集」⇒「共有」⇒「参加者を追加」と進み、共有したい人を選んで「追加」をタップするだけ。
こうすることで、例えばリマインダーで作成した「買い物リスト」を家族と共有しておけば、買い物を効率よく進めることができます。
リスト内にある「サランラップ」を誰かが買いそのタスクを「完了済み」にすれば、買い物リストからサランラップが消えてくれるので、その他の共有相手は、「サランラップはもう買わなくてよくなった」ということがわかります。
逆に、そろそろトイレットペーパーが切れそう、と気づいた人が「トイレットペーパー」と書き込めば、それを見た別のだれかが「トイレットペーパー」を買って帰ればいいんだな、ということがわかりますよね。
夫婦や家族そろってiPhoneを使っている、という方はぜひ「リマインダー」で家族のタスクを共有してみてください。きっと便利になりますよ!

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。