【iPhone】意外と知らないライトの便利な使い方

iPhoneに標準でついているライト機能(フラッシュライト)。手軽に使えるので、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。今回は基本的な操作方法と便利な使い方についてご紹介します。

iPhoneには標準機能で「ライト機能(フラッシュライト)」がついています。本体背面にあり、カメラのフラッシュとして使ったり、懐中電灯として使ったりもできます。手軽に使えて意外と使える便利な機能の一つです。
この記事ではライトの点灯・消灯の基本操作や、明るさを調整する方法などをご紹介します。

ライト機能とは

iPhoneには本体背面にLEDライトがついています。このライトは、カメラのフラッシュ機能として使われるほか、懐中電灯としても使えます。
たとえば、暗がりに物を落とした時や停電時など、身近にあるスマホが懐中電灯代わりに使えるので便利です。
しかもLEDライトなので、消費電力は少ないながらも明るく照らしてくれます。

ライト機能の使い方

iPhone X以降

iPhoneのライトは簡単に点灯・消灯させることができます。
1.右上の隅から下に向かってスワイプし、「コントロールセンター」を開きます。
2.ライトのボタンをタップします。
3.ライトを消すにはもう一度ライトのボタンをタップします。
ロック画面から直接ライトをつけることも可能です。その場合は、ロック画面で左の下隅にあるライトのボタンを強めに押すことで起動します。

iPhone 8以前

1.画面の下端から上にスワイプし、「コントロールセンター」を開きます。
2.ライトのボタンをタップします。
3.ライトを消すにはもう一度ライトのボタンをタップします。

明るさを調整する場合

ライトの明るさを調整することも可能です。
1.「コントロールセンター」を開き、ライトのボタンを強めに押します。
2.スライダを上下にドラッグして明るさを調整します。

Siriを使う方法もある

Siriを使ってライトを起動させる方法もあります。iOS12以降のiPhoneではライトのオン・オフが可能になっています。
付けたい時は「フラッシュライトをつけて」「フラッシュライト オン」などと話しかけます。
消したい時は「フラッシュライトを消して」「フラッシュライト オフ」などと話しかけましょう。

ライトがつかない時は?

ライトがつかない場合は、ソフトウェアの不具合かライト自体の問題が考えられます。iPhone本体の再起動を試してみましょう。

再起動する

iPhoneを再起動することで、不具合が改善する場合があります。
・iPhone Xまたは11の場合
サイドボタンといずれか片方の音量調節ボタンを同時に長押しします。電源オフスライダが表示されたらスライダをドラッグします。
電源が切れたら、右側の再度ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押ししましょう。
・iPhone8以前
サイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押しします。電源オフスライダが表示されたらスライダをドラッグしましょう。
電源が切れたら、右側の再度ボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しします。
iPhoneのライトは手軽に使える懐中電灯として重宝します。ぜひ日常生活やアウトドアで役立ててくださいね。

関連記事

iOS 13の「メモ」がパワーアップ。使える新機能5選!
LINEの画面が黒い? ダークモードの設定・解除の方法
今さら聞けない!iPhoneの「Hey Siri」設定方法

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。

あなたにオススメ
Recommends