自分流にカスタマイズできる!おすすめのiPhoneキーボードアプリ4選

iOS 8以降では、キーボードアプリの切り替えができるようになりました。多彩なキーボードアプリを使って、iPhoneの文字入力をもっと快適にしましょう。

iOS 8以降のiPhoneでは、キーボードアプリを使うことで仕様を自由に切り替えられます。キーボードアプリのなかでも特に有名なのは、パソコンでも愛用者が多い「ATOK」でしょう。ただし、ATOKは1,600円もする高額アプリ。そこで、今回は無料で使えるオススメのアプリを紹介します。

アイドルの名前も一発で変換できる!「Simeji」

クラウド上にアップロードされたデータにアクセスすることで、旬のキーワードをすばやく変換できる「クラウド超変換」機能を搭載した「Simeji」。Androidユーザーにも人気のアプリです。試しに「あらし」と入力してみると・・・。

メンバーのフルネームだけでなく、各メンバーを表す顔文字まで出ましたよ! ついいろんな言葉を変換してみたくなりますね。

変換が独特なだけでなく、キーボードのデザイン(きせかえ)はあらかじめ用意されたテーマや、自分で取った写真を設定できます。アスキーアートや顔文字、カーソル機能など、キーボードアプリに必要な機能はほぼすべて網羅されています。
▼Shimejiのダウンロードはコチラから

アニメやバンドの着せ替えが充実!「Yahoo!キーボード」

「Yahoo!キーボード」は、着せ替えテーマの種類が豊富です。利用にはYahoo! IDが必要なので、あらかじめ用意しておきましょう。

自分で撮った写真をキーボードの背景に設定することもできます。

また、キーボード上部の「検索」欄では、ウェブ検索も可能。いちいちブラウザアプリに切り替える必要がないので、調べ物をしながらのメール作成がしやすくなりますね。
▼Yahoo!キーボードのダウンロードはコチラから

片手で文字入力がしやすい!「片手de キーボード」

「片手de キーボード」は、片手での文字入力に特化したキーボードアプリです。

キーボードが通常の約半分のサイズに縮小され、右寄せ、左寄せを選択できます。iPhone 6s Plusなど、画面が大きなスマホを使っている人にオススメ。
▼片手deキーボードのダウンロードはコチラから

フリック入力初心者も安心!「もず」

Google日本語入力ベースの変換ソフト「Mozc」を使った日本語入力アプリ「もず」は、高性能な日本語変換が強み。また、英数字や記号の切り替えがしやすいのも特徴です。テンキーの上下左右に文字が表示されているので、フリック入力に慣れていない人もスムーズに使えます。

現在、背景画像を設定する機能はありませんが、カラーは変更できます。

また、現在はアプリ内課金の顔文字を無料で利用でき、自分で顔文字をキーボードに追加することも可能です。
▼もずのダウンロードはコチラから

キーボードの設定方法は?

インストールしたアプリのキーボードを使うには、設定が必要です。「設定」アプリの「一般」→「キーボード」→「キーボード」の順に進むと、設定中のキーボードの一覧が表示されます。

「新しいキーボードを追加…」をタップすると、追加可能なキーボードが表示されるので、設定したいキーボードを選択しましょう。この際、標準のキーボードはオフにしたほうが使いやすくなります。

また、各キーボードアプリをタップすると、「フルアクセスを許可」という画面が表示されます。Simejiなどではフルアクセスを許可しないと使える機能に制限があるので、自己責任でオンにして使いましょう。
自分の使いかたに合ったキーボードアプリを見つけて、iPhoneを自分だけの一台にしてくださいね。

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

あなたにオススメ
Recommends