それは、ある日、iPhoneに着信があったときのこと。

見覚えのない市外局番からだったのですが、その電話番号の下部に「もしかして:◯◯◯◯」と、とある方の名前が表示されたのです。

電話に出てみると......、まさにその人だった。

着信に出てみると「◯◯◯◯ですけど」との声。
まさにさきほどの「もしかして」さんではありませんか!

以前、メールのやりとりだけはしたことがあるのですが、電話でのコンタクトはこれが初めて。

無論、その方の電話番号をiPhoneの電話帳に登録したことなど毛頭なく、この「もしかして」さんの的中には驚きを隠せませんでした。

なぜiPhoneは予測できたのか? 答えは「インテリジェンス機能」にあり

調べてみると、どうやらiOS 9のアップデートで追加された「インテリジェンス機能」が効いているようです。

その機能のひとつとして「メールで見つかった情報に基づいて推測されるイベントや連絡先の詳細をAPPに追加」とあります。

ははーん、そういうことですか。

言われてみれば、その方とのメールはiPhoneの標準アプリである「メール」でも受信していました。

試しに過去のメールを振り返ってみると?

試しに、その人と取り交わしたメールを振り返ってみました。すると、メールの「署名」欄にあるじゃないですか、さきほどの電話番号が!

iPhoneはそのメールの内容から推測して、発信者をひもづけしていたのですね。

いや〜、なんというインテリジェントさなのでしょう。先日の「iPhoneのカレンダーやGoogle Mapsに自分の旅行予定が知らぬ間に登録されてた不思議」に続いて、このところiPhoneの先回り感には驚かされてばかりです。

まだまだ知らない機能が潜んでいるかと思うと、ゾクゾクがとまりません。ということで発見次第またエンジョイ!マガジンでお知らせしたいと思います!

関連記事タイトル

知らない電話番号からの不在着信。発信元が悪質業者か確かめる方法
iPhoneのカレンダーやGoogle Mapsに自分の旅行予定が知らぬ間に登録されてた不思議
超画期的!スマホにかかってきた電話が迷惑電話か一発でわかる!

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(209本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック