夜中にふと目が覚めたときにスマホの画面を見ると、液晶画面が思いのほか明るく、目がショボショボした経験はありませんか? 夜中に明るい画面を見続けると、目が冴えてしまい、眠れなくなってしまうことも。

そんなとき、iPhoneの「アクセシビリティ」という機能を使えば、まぶしい画面の色を一瞬にして反転させて、画面の明るさを抑えられます。

まぶしい画面から目を守る!夜間にiPhoneの画面を瞬時に見やすくする裏ワザ

Twitterやウェブサイトの閲覧に効果絶大!

Twitterのタイムラインや、Safariで開いたウェブページは背景が白地のため、画面のまぶしさが倍増。「設定」アプリなどで画面の輝度を下げても、目が慣れるまでには時間がかかります。
画面の色を反転させれば、基調の色が黒色になるので、暗闇で閲覧してもまぶしくありません。

まぶしい画面から目を守る!夜間にiPhoneの画面を瞬時に見やすくする裏ワザ

事前にiPhoneの設定を変更する必要アリ!

画面の反転機能を利用するには、事前の設定が必要です。以下の手順に従って、設定しておきましょう。

まぶしい画面から目を守る!夜間にiPhoneの画面を瞬時に見やすくする裏ワザ

1.「設定」アプリを起動する。

2.「一般」→「アクセシビリティ」→「ショートカット」の順にタップ。

3.「色を反転」にチェックを付ける。

まぶしいと感じたらホームボタンを3回プッシュ!

まぶしい画面から目を守る!夜間にiPhoneの画面を瞬時に見やすくする裏ワザ

初期設定を終えたら、さっそく反転機能を使ってみましょう。使い方は、ホームボタンを3回連続でプッシュするだけ。再度、ホームボタンを3回連続でプッシュすると、画面の色を元に戻せます。

明るい画面は、睡眠の妨げや疲れ目の原因になることも。夜間にどうしてもスマホを利用する場合は、ホームボタンをプッシュして、まぶしさを抑えましょう。

ピックアップ

エンジョイ!マガジン編集部

BIGLOBEのWEBマガジン。「やってみた」の体験レポやパソコン・ネットに関する小ネタ、 そして音楽等エンタメネタまで、さまざまな「エンジョイ!!」をみなさんにお届けします。

記事(71本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック