iPhoneで画面サイズが突然半分になるのはなぜ?

iPhoneを使っていたらいきなり画面が下がって、下半分だけになってしまう。この現象はなんのために起こるのでしょうか?不要な人はオフにもできますよ!

iPhoneを操作中に、いきなり画面が下がり、下半分だけになってしまうことはありませんか?
こんな状態です。

画面上部にあるはずのアイコンが下に移動してしまい、画面下部のアイコンが消えてしまっています。
ホーム画面のときだけではなく、ネットの閲覧中やゲーム中にも突然画面がずれて上半分が真っ黒になり、操作がしづらくなることもあります。
画面やホームボタンに触れているとすぐにもとに戻るので、不思議に思いながらもそのままにしている人も多いのではないでしょうか。
じつはこれ「簡易アクセス」というiPhoneに備わっている機能なのです。
※この記事ではiPhone7を使用しています。ご使用の機種によっては操作方法や機能の名称が異なる場合があります。

iPhoneの「簡易アクセス」とは?

iPhoneは新しい機種が出るたびにサイズが大きくなる傾向にあり、縦に長いため、片手で操作するのがなかなか大変。特に画面の一番上に親指が届きにくくなっています。
そのため、一時的に画面上部を下に下げることで、片手でもアイコンが指に届きやすくする「簡易アクセス」という機能が生まれました。
簡易アクセスを利用するためには、ホームボタンを軽く2回タップ(ダブルタップ)します。
使いこなせれば便利な機能ですが、機能の意味や使い方を知らなければ、偶然指がホームボタンに2回ふれたときに作動してしまうので、iPhone操作中にいきなり画面が半分になることで、逆に不便を感じる人も多いようです。

簡易アクセスはオン・オフの切り替えができる!

もし、簡易アクセス機能が不要であれば、機能そのものをオフにできます。
「ゲーム中に画面がずれて操作ができなくなる」など、不要なときに簡易アクセスが発動されることが多いようであれば、オフにしてしまいましょう。
オン・オフを切り替える設定は以下です。
ホーム画面から、設定→一般の順にタップします。

次に、アクセシビリティをタップし、画面をスクロールしていって、「簡易アクセス」という項目をオフにすればOK!

オン・オフは簡単に切り替えられるので、ご自身の使いやすいようにカスタマイズしていきましょう。

関連記事

iPhoneのうっかり連写を防ぎたい!バーストモード対策
iPhoneのおやすみモード中でも着信は受けられる!
【iPhone】メールやLINEで簡単に記事や画像を共有する方法

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。