iPhoneのイヤフォンが、シャッターボタンだったなんて

iPhoneの純正イヤフォンの「音楽操作」以外の機能をご紹介。カメラでのシャッターボタンの役目や、通話・電話応答。おまけとして「からまりにくくする方法」も!

突然ですが、iPhoneをお使いのみなさん。
iPhoneには、カメラアプリのシャッターボタンがいくつあると思いますか?

1つ目。もちろん、カメラアプリ画面内のカメラマークですね。
2つ目。iPhone側面の音量「+」ボタン
この2つまではおおよそ知られていますが、実は3つ目があります。
それは・・・

これです、イヤフォン!
iPhoneの純正イヤフォンにある、音量の「+」ボタンでもシャッターが切れるのです(※1)
アイフォンをどこかに固定して撮ったり、イヤフォンを装着することが多い方にとっては、このシャッターを使うことで、写真を楽に、そして今よりもっと自由に撮ることができます。
そんな、隠れた機能がいっぱいのiPhoneの純正イヤフォン。
今回は、あまり知られていない「音楽操作」以外で使えるイヤフォン機能を、「通話編」と「撮影編」、そして「おまけ編」でご紹介していきます。
おまけ編では「からまりにくくする方法」も!

あの丸いのはマイクだった!? 「通話」もおまかせ純正イヤフォン

「+」「-」が書かれている反対側に小さなシャワーヘッドのような円がありますが、実はこれ、マイクなのです。電話する際にこれに向かって話せば通話ができてしまいます。

最近は認知されてきたためか、写真左のようなスタイルで通話している人も少なくなりましたが、まだときどき見かけることがあります。
そのたびに「イヤフォンでも話せますよ」と耳打ちしたくなる衝動に駆られていましたが、この場でお伝えすることができ、非常に嬉しい限りです(笑)
と、前置きが済んだところで、電話アプリで使えるイヤフォン機能を3つご紹介します!

  1. 着信時「中央」ボタンを1度押しで電話に出られます
  2. 通話時「中央」ボタンを1度押しで通話を終了できます。
  3. 着信時「中央」ボタンを長押し(2秒ほど)で電話応答を拒否できます。

(「中央」ボタンとは「+」と「-」に挟まれた真ん中のボタンを指します)
かばんやポケットにiPhoneを入れたままでも、イヤフォンさえ手元に出ていれば、電話に出たり切ったり、ができるようになります。
また、長電話の際や、両手をあけたままで電話したいときにも便利。
電話を持つ手が疲れることもなくなり、洗濯ものを干しながらだって通話ができます。
もちろん、通話の最中に「+」「-」ボタンでイヤフォンの音量調節も可能です。

カメラアプリで使えるイヤフォン機能は?

お次は、カメラアプリで使えるイヤフォン機能3つです!

  1. 「+」ボタンでシャッターを切る(上で紹介の通り、写真撮影モード時)
  2. 「+」ボタンで録画を開始(動画撮影モード時)
  3. 「+」ボタンで録画を停止(動画撮影モード時)

冒頭で説明した「写真撮影」に加えて、「動画撮影」でもリモコンとして機能してくれるんですね~。
写真撮影モードでカメラを固定し、イヤフォンでシャッターを切っていけば、安定したコマ撮り撮影だってできちゃいます。

おまけ:iPhoneのイヤフォンをからまりにくくする方法

最後に、これまたあまり知られていない、イヤフォンコードをからまりにくくする方法をご紹介。

その方法は、「L(左耳)」側についている白いつまみを、一番上のほうまで持っていき、「R(右耳)」側のイヤフォンとドッキングさせるだけ
たったこれだけで、ウソのようにからまりにくくなります。
かばんのなかでいつもからまってしまう、そんな方はぜひ一度試してみてくださいね。

あなたにオススメ
Recommends

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。