iPhoneの標準カメラでQRコードが読めたなんて。

iOS 11になって、「なぜ今更!?」と思った機能が追加されました。
それは、QRコードが読み込めるようになったことです。
ガラケーでは当たり前だったあの機能が、ようやくiPhoneにも搭載されました。

今までは、QRコードを読むためには、専用のアプリを入れて読み取るしかありませんでした。

が、この度のiOS 11へのアップデートで、突如として、それができるようになっていたのです。しかも、標準カメラで!(やろうと思えばもっと前からできていたのでは!?)

実際に「iPhoneの標準カメラ」で「QRコード」を読んでみよう

どんな感じで読み込めるかを、実際にお見せしましょう。

iPhoneの標準カメラでQRコードが読めたなんて。

標準カメラを立ち上げて、QRコードを読んでみます。すると......

画面上部に読み取り結果が返ってきました。そのままタップします。

iPhoneの標準カメラでQRコードが読めたなんて。

ほら、この通り、「エンジョイ!マガジン」のWEBサイトが開きましたよ。おーこれは便利ですね。


QR読み取り機能は「設定」から「オフ」にもできる

ちなみに、不用意にこの機能が立ち上がらないようにしたい方のためには、このQR読み取り機能をオフにすることもできます。

[設定] - [カメラ] の順にタップし、以下の箇所をオフにすればOKです。

iPhoneの標準カメラでQRコードが読めたなんて。

DMや雑誌などの紙媒体でQRコードがあったらぜひ試してみてください。
これまでよりも、WEBサイトへのアクセスが簡単になると思います。

関連記事
iPhoneのスクリーンショットが進化! 手描きメモや、動画でも撮れる!?
三脚を使ってスマホカメラでの撮影をもっと楽しむ方法
iPhoneの「写真」にある「モーメント」とか「メモリー」って、ナニ?

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(185本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック