iPhoneで電話を着信したけど出られない! そんなときはどうしていますか?

電源ボタンだけでできる、お手軽な「拒否」

iPhoneの場合、スクリーンロックの状態で電話を着信すると、画面には「拒否」という項目が表示されません。

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

※iPhone6で説明します。

この場合、右側面にある電源ボタンをカチカチっと2回押すと、着信を拒否できます。

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

ちなみに、電源ボタンまたは音量ボタンを1回押すと、着信音やバイブレーターを止めることができます。とりあえず音を消したいとというときは「どれでもいいのでサイドボタンを押す」と覚えておきましょう。

※iPhone5の場合、電源ボタンは右上にあります。

着信を拒否した場合、相手には、どのようなメッセージが流れるかも知っておきましょう。

留守番電話サービスに加入している場合、携帯電話会社によって文言は若干異なりますが、「ただいま電話に出ることができません。ピッという発信音のあとに、ご用件をお話しください」といった内容のメッセージが流れます。

留守番電話サービスに加入していない場合は、「おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません」と流れます。実にあっさりとしたメッセージです。着信履歴は残りますが、折り返しの電話をもらえるのか? あとで自分からかけ直したほうがいいのか? 不安になる人もいることでしょう。

「拒否」よりオススメ、「メッセージ」で返信しよう!

より、スマートな対応法として覚えておきたいのが「メッセージ」で返信する機能です。
携帯電話からの着信だった場合、「メッセージ」をタップすると、「後でかけ直します」「向かっています」といったメッセージをSMSで送信することができるのです。

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

会議中などで電話に応対できない場合は「後でかけ直します」、移動中は「向かっています」を選ぶといいでしょう。意外な人からの電話で、要件が気になる場合は「どうしましたか?」と送ると、急を要する用事がある場合、相手がSMSで返信してくれるはずです。なお、「カスタム」を選択すると、「メッセージ」アプリが起動し、自分でメッセージを入力して送信できます。

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

電話に出られないときに送信する定型メッセージを編集することもできます。
「設定」→「電話」に進み、「テキストメッセージで返信」を選択し、メッセージを書き換えると、次回以降、その文言を選択できるようになります。

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

「リマインダー」と連動する、「後で通知」

着信画面に表示される「後で通知」は、折り返しの電話をすることを忘れないように、「リマインダー」に登録できる機能です。

例えば、「後で通知」をタップして「1時間後」を選択すると、「リマインダー」に登録され、1時間後に通知してくれます。その際、「リマインダー」の画面から項目をタップするだけで発信できます。

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

iPhoneで電話に出られない時の操作法。「拒否」よりもスマートな対応とは?

単なる「拒否」ではなく、電話に出られない理由をメッセージで伝えたり、折り返しの電話を忘れないようにすることで、相手の印象が良くなることもあるかもしれません。
「電話」のちょっとした気配り機能を上手に活用してみましょう。

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック