iPhoneのSafariではブックマークするな!お気に入りを使え! ←これマジです

iPhoneのSafariのブックマーク、正直あまり使い勝手がよくないと思っていたのですが、「ブックマーク」の中の「お気に入り」に入れることで劇的に使いやすくなります! 使い方と2つのメリットを詳しく紹介。

iPhoneのSafariのブックマーク、みなさんはうまく使いこなせていますか?
このページあとでまた見よう、と思ってブックマークしたとしても、そのことを忘れていたり、どこにブックマークしたかわからなくなったりして、結局もういちど検索してそのページにたどり着く、なんて方も多いのではないでしょうか?
そこで! 今回は偶然みつけた「自分のブックマークにもっとアクセスしやすくする方法」をご紹介します。

「ブックマーク」でなく、「お気に入り」に入れるべし

ブックマークするとき、みなさんはどこに放り込んでいますか?
おそらくは、以下のいずれかの場所だと思います。
ブックマーク > ページタイトル(←ここに登録)
ブックマーク > 任意のフォルダ名 > ページタイトル(←ここに登録)
一方、僕のおすすめ方法はこうです。
ブックマーク > お気に入り > ページタイトル
ブックマーク > お気に入り > 任意のフォルダ名 > ページタイトル
さて、どうしてかと言いますと・・・?

「お気に入り」内にページを登録したほうがいい理由

その理由は、アクセスのしやすさ、です。「お気に入り」に登録したもののみ、実はとある場所に現れるようになります。
みなさんがよく見る「あの場所」です。さて、どこだかわかりますか?

そう、正解は「アドレスバーをタップ」したとき!
「お気に入り」内のフォルダやページだけが、このようにアイコンとして並ぶようになるのです。

「お気に入り」内に登録する2つのメリット

お気に入りの中にフォルダやページを登録することで、「ブックマーク」にはなかったメリットが2つあるんです。

メリット1:忘れづらい

まずひとつめのメリットは、忘れづらくなる、ということ。
調べ物をしようとするとき、Safariのアドレスバーを必ずタップしますよね。
その際、「不意に」このお気に入り内のフォルダやページのアイコンが登場するので、圧倒的に目にする機会が多くなります。
自分で作った「欲しい」フォルダに入れていたiPhoneケースの購入ページ、「確か在庫わずかだったからそろそろ買わなくちゃいけないなぁ」などと気づけるようになるのです(←僕は実際このおかげでiPhoneケースやカバンを、在庫切れがくる前にゲットでき、何度か助かっています)。
もしこれが、お気に入り「内」でなく、お気に入り「外」の「ブックマーク」に入れてしまうと、こうはいきません。
なぜなら、「ブックマーク」を見るためには、Safariの下部のブックマークボタンを「能動的に」タップしないといけないからです。
この「不意に」と「能動的に」の差は思った以上に大きいのです!

メリット2:見つけやすい

2つめは、その視認のしやすさ、です。
フォルダやページがアイコンとして並ぶので、「ブックマーク」ボタンを押したときの文字だけのリストよりも直感的で探しやすくなります。
ためしに、同じ「お気に入り」をアドレスバーから俯瞰した場合と、「ブックマーク」から俯瞰した場合で比べてみると・・・

この通り、左のほうが「フォルダ」か「ページ」かが判断しやすく、ページに限ってはそのページのアイコンが表示され、より判別しやすくなります(※)。
また、4列で表示されることにより、たとえば「欲しい」フォルダはいつも一番右の上から2段目、というようになんとなくそのポジションでも把握できるようになるんです。これは便利!
いかがでしたか?
このように、忘れづらく&見つけやすくなるのがSafariの「お気に入り」なのです。
これを読んで「わたしもこれからはお気に入りする!」と思われた方は、まずはためしにこのページをお気に入りして見てください!

※アイコン設定がされていないサイトの場合は、Safariの標準アイコンが表示されます。

関連記事

Safariで開きすぎたタブを全て閉じる方法(iPhone長押しテク)
【iPhone】メールやLINEで簡単に記事や画像を共有する方法

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。