iPhone6 やiPhone 6sを使っている皆さん。「画面が大きくなった分、アイコンも大きく表示できないかな・・・」って思ったことありませんか?

結論から言うと、大きく表示できます! iPhone 6とiPhone 6sには「拡大表示」という新機能が搭載されているのです。

たとえば、デフォルトでは、このように表示されている画面。

拡大表示にすると、こうなります!

アプリのアイコンもアプリ名の表示も、だいぶ見やすくなりますよね。

設定方法は簡単です。

アイコンを拡大させる方法

「設定」の「画面表示と明るさ」をタップします。

「画面表示の拡大」の下にある「表示」をタップします。

「拡大」をタップします。

すると、拡大した場合の画面サンプルが表示されるので「設定」をタップします。

「拡大を使用」をタップします。

これで設定は完了です!

文字サイズの変更方法

アイコンだけでなく、文字の大きさも変更できます。
「画面表示と明るさ」の画面で「文字サイズを変更」をタップします。

文字を大きくしたい場合はスライダを右に、小さくしたい場合は左にドラッグすればOK。

ちなみに、7段階のうち最も大きいサイズにすると、下記のサイズになります。

だいぶ見やすくなりますよね!

ちなみに、この設定が反映されるのは、アプリ側でフォントの大きさを指定していない場合のみです。たとえば、iPhone標準の「写真」アプリなどでは、ここで調節したサイズがバッチリ反映されます。

標準の設定だとちょっと見づらいという人は、自分好みに調節してみてくださいね。目が悪い人や、ご年配で老眼の人などにも、教えてあげてください!


ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック