iPhone11のカメラってどうなの?広角モードとナイトモードを試してみました

2019年9月に発売されたiPhone11。カメラ性能で話題となりましたが、実際にどこが変わったのでしょうか。今回は実際に撮った写真とともにカメラ性能や違いについてご紹介します。

2019年9月に販売されたばかりのiPhone11。今回はカメラ性能が大きく変わったということで、気になっている人も多いのではないでしょうか。
特にiPhone11で大きく変わったのが、広角モードとナイトモードです。今回はこの2つの性能や違いについて詳しくご紹介します。

広角モードの撮影方法

iPhone11のカメラでまず変わったのが広角モードです。このモードを使用すると、カメラがズームアウトし、今まで撮れなかった景色が撮れるのが特徴です。同じ場所で撮ってもこれまでより広い範囲が撮れるようになりました。
まずカメラアプリを起動し、右側の「1x」を書かれた場所をタップすると、「0.5x」の広角モードに切り替わります。

長押しで好きな倍率に変換できます。
iPhone11であれば「0.5x〜5x」の間に設定可能です。

実際に撮影してみました!

これがショッピングモールを実際に撮影した画像です。
まず「オフ」のとき。
・広角モードオフ

次に「オン」のとき。
・広角モードオン

オンのほうが、カメラがぐぐっと引き、より建物の横のほうまで映っているのがわかりますね。また、手前にも広がって、自分が立っている地面の部分まで映っていることに驚きました。
これなら大人数で集合写真を撮りたい時にも便利ですね。

ナイトモード(夜景撮影)の使い方

次はナイトモードも使い方をご紹介します。ナイトモードの名前の通り、暗い場所でもくっきり明るく映すことができます。
このモードはiPhone11なら最初からオンになっているため、特別な設定をしなくても夜にきれいな写真が撮れますよ。

実際に夜景を撮影してみました!

まずは「オフ」のとき。
・ナイトモードオフ

次に「オン」にしてみると・・・。
・ナイトモードオン

ナイトモードのオンのほうが、建物ひとつひとつがしっかり見え、全体的に明るいのがわかります。
実際の目で見るとかなり暗かったのですが、全体的にはっきり映っています。

また夜道も撮影してみました。

まず「オフ」のとき。
・ナイトモードオフ

次に「オン」のとき。
・ナイトモードオン

オフのほうは暗くて道がよくわかりませんが、オンのほうは道の白線がしっかり確認できます。

まとめ

広角モードは普通の写真モードと比べてかなり広範囲を撮ることができました。
これならちょっと広範囲の景色を撮りたい時にも助かりますね。また「人と景色を両方入れたいけれど入らない」というお悩みも解決してくれそうです。
またナイトモードは自動できれいな夜景写真を撮れるので、イルミネーション撮影などにもぴったりです。
これからさまざまなおでかけの際にぜひ利用してみてください。

関連記事

三脚を使ってスマホカメラでの撮影をもっと楽しむ方法
iPhoneで夜景をきれいに撮影するコツ
スマホの写真もプリントできるカメラ機能付きプリンターが楽しい!

あなたにオススメ
Recommends

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。