【iPhone】Safariで見ていたページを閉じてしまったときに、復活させる裏ワザ

iPhoneのSafariで見ていたページを誤って閉じてしまった場合、簡単に復活させる方法をこのたび発見! すぐにチャレンジできますので、お手持ちのiPhoneで試してみてください。

先日、iPhoneのSafariの「+」ボタンを、興味本位で長押ししてみたところ、なんとそこには「最近閉じたタブ」を復活させる機能が!
この発見以来、タブを誤って閉じてもなんのなんの、簡単に復活できるので今ではマストテクニックとなってます。
ということで、その簡単すぎる裏技をご紹介します。

ページを復活する方法

1. ページを閉じてしまったら、「+」ボタンを長押しします。長押しですよ!

2. 「最近閉じたタブ」の一覧がでてくるので、復活させたいページをタップ

はい、これだけ。実に簡単ですね。

このように、さきほど閉じたページが復活しました。
閉じてしまったページを見たいときに、再度検索してたどりつく手間が省けます。これは覚えておいて損のないテクニックですね。ぜひ「+」ボタンの長押し、みなさんもマスターしてみてください。

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。