iPadのSafariで「左スワイプ」するとページを進めなくなった謎を検証

iPadのSafariで、いままでできていた左スワイプによるページを「進む」がいつの間にかできなくなってて戸惑った、という方のために、昔のように左スワイプを使えるようにする方法をご紹介します。

iOS 9以降になってからiPadのSafariで意図しない挙動に見舞われておりました。
それは、左スワイプでページを「進む」ができなくなってしまうという現象です。
このように、ページを進むをしようとSafari上で左スワイプすると、

右図の赤枠で囲ったようにアプリのアイコンが並んで出現するようになってしまいました。
ち、ちがうんだ、ページを進みたいだけなんだ……。
おそらく同じ思いの方がいるはず、と思い、その解決方法を見つけたので今回はご紹介。

「Slide Over」を切ろう。

どうやらこれは、iOS9から登場した「Slide Over」という機能のようで、
現在立ち上げているアプリから離れることなく別のアプリを操作できる、というもの。
便利っちゃ便利なときもあるのでしょうが、我が家のiPadではSafariの左スワイプ利用のほうが断然頻度が高いということで、切ってしまいました。
切り方は以下の通りです。
[設定] – [一般] – [マルチタスク]の順にタップ
「複数のAppを許可」を「オフ」にします
この記事を読んだ方は、「え、逆にこのSlide Over、自分には便利かも」と思われた方は、上記の設定で「複数のAppを許可」を「オン」にして、ぜひ使ってみてくださいね。

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。