iOS 11にアップデートすると動かなくなるアプリの確認方法は?

もうそろそろiOS 11にアップデートしてもいいかな? と思った人にちょっと待った。iOS11にすると動かなくなるアプリを事前に確かめる方法があります。

iOS 11のアップデートからそろそろ3カ月。まだアップデートしてないんだよなぁ、という方もいらっしゃると思いますが、アップデートすることで使えなくなるアプリが出ているのをご存知でしょうか。

iOS 11は「32ビット」のアプリをサポートしていない

実は今回のiOS 11では大きな足きりが行われたのです。それは、32ビットのアプリが軒並み使えなくなる、ということ。

影響は各方面に出ており、ゲーム会社が提供していたアプリを配信停止せざるを得なくなったというニュースを目にした方もいるのではないでしょうか。
もし、自分がよく使うアプリが32ビットだったらと思うと、新しいiOS 11にアップデートするのをためらってしまいますよね。

OSのアップデート前に、使えなくなるアプリを確認する方法

iOS 10.3であれば、[設定] – [情報] – [App] の順にタップすることで、どのアプリが32ビットなのか64ビットなのかを確認することができます。
このとき、上記画像のように「App」をタップできない、という方はご安心ください。
iOS10.3では、「App」をタップできない場合。32ビットアプリがそもそも存在していないということになります。
ビット問題でiOSのアップデートを足踏みしている方は、上記の方法で確認してみてくださいね。

関連記事

スクリーンショットをすぐに編集できるiOS 11の新機能の活用法
iPhoneの標準カメラでQRコードが読めたなんて。
iPhoneの動作がおかしいときにやってみること4つ

あなたにオススメ
Recommends

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。