Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

「今の楽しい」を仲間と共有したい――一昔前なら、そのためには同じ場所、同じ空間にいる必要がありましたよね。今ではモバイルでも固定でも高速インターネット回線が普及していることから、ライブ配信を通じて、お互いがどこにいても「今」を共有できるように。大がかりな機材や設備はもちろん不要。スマホ1つで簡単に、仲間と楽しい時間を共有できるんです。

YouTube、FacebookLiveなどもありますが、今回はInstagramでのライブ配信について紹介します。

Instagramのライブ配信って?

「live video on Instagram Stories」(ライブビデオ オン インスタグラム ストーリーズ)と名付けられたInstagramのライブ配信(以下、インスタライブ)は、スマホのInstagramアプリから行えます。

配信を開始するとフォロワーへ自動的に通知されるため、自分で告知投稿をする必要はありません。

配信中は、視聴ユーザー名や視聴者からのコメントが画面に表示。リアルタイムで、相互コミュニケーションをとれるのがインスタライブの魅力といえるでしょう。

視聴ユーザーがいれば、招いて一緒に配信可能。空間を超えて繋がれるのもインスタライブの特徴です。

配信した動画は、その場限り(まさにライブ!)で閲覧不可にすることもできれば、24時間で消えてしまうInstagram Storiesにシェアすることも。Instagram Storiesの動画は最大で15秒なので、いろんな動画を投稿すればもっとたくさんの楽しいを共有できそうですね。

インスタライブは簡単にはじめられる!

では、どのようにインスタライブを配信しはじめられるのでしょうか。

1.Instagramアプリのカメラアイコンをタップ

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

Instagramアプリを立ち上げると左上に表示されるカメラアイコンをタップします。

2.ライブモードを選択

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

タップするとカメラが起動し、画面下にモードが表示されます。Instagramアプリでカメラアイコンをタップするのがはじめての場合は、いくつかの権限を「許可」する作業が発生します。それが終わったら、右にフリック、もしくは「ライブ」をタップして選択します。

3.ライブ配信開始!

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

「ライブ配信を開始」ボタンが表示されるので、タップしましょう。リアルタイム動画の配信がはじまり、同時にフォロワーにライブ配信開始が通知されます。

今を楽しく共有できる機能が盛りだくさん

ゲストと一緒に配信できる

視聴中のユーザーがいれば、一緒にライブ配信をするよう招待できます。

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

フェイスフィルターなら可愛く盛れる

録画したものなら加工してアップロードし直すこともできますが、インスタライブは、「生中継」なので真剣勝負(笑)。豊富なフェイスフィルターを使いましょう。

ちなみに、フェイスフィルターは自撮りをポストするときだけでなく、インスタライブ時にも利用可能。顔を認識してリアルタイムで加工してくれますよ。フェイスフィルターボタンをタップして出てくる55種類(執筆時)のフィルターの中から、いくつかをご紹介します。

・PuppyやBunnyなど変身系

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

・福笑い効果が楽しいFace Meltと南国気分を味わえるPalm Shade

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

・Neon ValentineとHeart Bloomでハートを飛ばす

Instagramのライブ配信で楽しい「今」を共有しよう!

フェイスフィルターは自撮りも他撮りもOK

旅行中やパーティーなど、自分以外の人や景色を被写体にしてインスタライブ配信をしたい場合でも大丈夫。カメラ切り替えアイコンをタップして、イン/アウトを切り替えてもフェイスフィルターは使えますよ。

ただし、顔を認識できるのは被写体の中のひとりだけ。誰の顔が認識されるのかをゲーム感覚で楽しむのもいいかもしれませんね。

YouTubeでもリアルタイム配信できるけどその違いは?

動画配信といえばInstagramより前からあるのがYouTube。こちらでもライブ配信をすることができます。

とはいえ、YouTubeでの配信は基本的に全世界に公開されること(限定公開でも、URLが流出すれば事実上誰でも視聴可能)、ライブ配信動画(長さが12時間未満のもの)が自動的にYouTubeアーカイブに保存される点がインスタライブとの違い。視聴できるのがオンライン中のフォロワーだけであること、配信動画をInstagram Storiesに残しても24時間で消えること、またInstagram Storiesを視聴できる人も制限可能なことなどから、インスタライブはより気軽に配信できる仕組みが整っているといえるでしょう。

インスタライブは「今」を安全に共有できるツール

楽しかった思い出を切り取って懐かしむのもいいですが、「今の楽しい」を共有するならインスタライブはぴったり。日常の何気ない今や、旅行先で見た珍しいものや美しいものなど、離れた場所にいる親しい人と感動を共有するのに最適なツールです。

高速インターネット回線を簡単に整えられるからこそ、気軽に配信、気軽に視聴――どこにいてもつながりを実感できるインスタライブに、この大型連休を利用してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

インスタグラムで「ミュート」機能が登場、相手にバレずに投稿を非表示にする方法
動画投稿コミュニティTik Tokの使い方と魅力まとめ
トレンドに乗り遅れるな!Instagram(インスタグラム)「ストーリー」の使い方

ピックアップ

渡辺まりか

デジタルガジェットをこよなく愛するフリーライター。専門学校で約10年の講師経験あり。小型船舶操縦士免許2級、乗馬5級、普通自動二輪免許など趣味多し。

記事(7本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック