【今さら聞けない】「インバウンド」って何?「アウトバウンド」もあるの?

よく耳にする「インバウンド」という言葉。今後、ますます聞く機会が増えそうです。基本的な意味と使い方をここでおさらいしましょう!さらに「アウトバウンド」についても解説します。

近年よくニュースやネットなどでも「インバウンド」という言葉を耳にしますね。
「今さら意味を人に聞けない!」という人に、意味や使い方をご説明します。

「インバウンド」にはこんな意味がある

「インバウンド」は、たとえばこんな風に使われたりします。
例文:「インバウンド消費が、今後の日本経済に大きな影響を与えるだろう」
「インバウンド(inbound)」には、「(外から中に)入ってくる」という意味があります。ですから、近年よく使われている「インバウンド」とは、日本においては多くの場合「外国人が日本に訪れる旅行」という意味で使われています。広義では「日本を訪れる海外からの観光客」を指しています。
例文でいう「インバウンド消費」は、「海外から訪れる観光客の日本での消費活動」のことになりますね。
つまり、「海外から訪れる観光客の日本での消費活動は、今後の日本経済を左右するほど影響力を持っている」というような意味になります。
海外から訪れた人々の日本での消費活動は、「爆買」という言葉も生んだほどでした。高級品から日用品まで幅広いジャンルに及び、日本経済に影響をあたえました。

そのほか、「インバウンド」は、ビジネス用語として次のような意味を持ちます。

  • ネット上で自社のウェブサイトを訪れたユーザーに関心を持たせて、購買意欲に結び付けること。
  • コールセンターでの業務における受信・着信のこと。

ネット上で外から訪れたユーザーがウェブサイトで商品に関心を持つようなことを「インバウンド・マーケティング」と言ったり、お客さまからかかってくる電話を「インバウンドコール」と言ったりします。
使うときの前後の文脈によって、意味もいろいろですが、「外から中へ」のイメージです。

じゃあ「アウトバウンド」もあるの?

「イン」ときたら「アウト」ですよね。
じゃあ「アウトバウンド」もあるのでは……と思った方、そのとおり。
「インバウンド」の対義語として、「アウトバウンド」という言葉も存在します。「(中から外へ)流れていく、出ていく」という意味を持っています。
この場合、逆の意味となり、「日本から外国へ行く旅行」(海外旅行)を指します。
2014年〜2015年の頃に、インバウンドの訪日外国人観光客数がアウトバウンド(日本から外国へ行く渡航者数)を追い越して以来、勢いのあるインバウンドに押され、アウトバウンドという言葉もそれほど聞かないかもしれませんが……。
ビジネス用語としては、企業側が、宣伝や営業のために消費者に電話をかけることを「アウトバウンドコール」と呼び、また、広告やダイレクトメールなどで商品を売り込むことを「アウトバウンド・マーケティング」と呼んでいます。
以前にも増して、観光国としての対策が問われる日本。今後も「インバウンド」という言葉を聞く機会が増えてきそうですね!

関連記事

【今さら聞けない】アルゴリズムって何?
【今さら聞けない】知っておきたいExcelの上手な活用法
アサイン、オポチュニティ……ビジネス用語の意味、知ってる?

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

あなたにオススメ
Recommends