読み方がわからない漢字をパソコンで入力する方法

「あー、この漢字なんて読むんだっけ!?」ということ、ありませんか? そんな時はパソコンを上手に活用。漢字の読み方がわからない漢字をお手軽に探し出せる方法を伝授します!

いきなりですが、この漢字、読めますか?

漢字は得意なつもりですが、ぼくはまったく読めませんでした・・・
しかし、こういう読めない漢字に出くわした時、パソコンなら簡単に調べることができます。
その時に使う機能が「IMEパッド」。さっそく試してみましょう!
※画面は「MS-IME 2010 SP1」を使用しています。

マウスで「手書き」して読めない漢字を素早く探す方法

まずは「IMEパッド」を起動しましょう。
パソコンの右下にある道具箱のようなマークから起動すると、「手書き」の画面が出てきます。

画面の左側にある白紙の部分が手書きエリアです。ここに「朮」という漢字をマウスで書いていくと・・・

書いている途中から、画面の右側にどんどん候補の漢字が出てきますね!
この段階で、候補の漢字の中に「朮」の文字が現れました。その漢字にマウスを重ねると読み方が出てきます。
「ジュツ、シュツ、おけら」と読む「朮」とは、野山に生えるキク科の草のことだそうで、生薬として用いられるそうです。なるほどー。
▼「朮」についてもっと詳しく知りたい方はこちら
BIGLOBE百科事典 「朮」
ちなみに、右側の「戻す」「消去」というボタン。
「戻す」を押すとひとつ前の状態に戻り、「消去」を押すといっぺんに消せて白紙状態になります。

また、画面の左側のボタンを使えば、「総画数」や「部首」から漢字を探すことも可能なので、とても便利です。

なお、その後気になって「朮」について調べていたら、京都の八坂神社に「白朮祭(をけらさい)」という神事があることも知りました。元日1月1日午前5時から行われ、一年の安泰を祈願するものだそうで、ちょっと気になっています。
▼「白朮祭」についてもっと詳しく知りたい方はこちら
BIGLOBE百科事典 「白朮祭」
皆さんもぜひ、気になる漢字を「IMEパッド」で調べてみてください。こんな風に、意外とおもしろい発見があるかもしれませんよ!かもしれませんよ!

あなたにオススメ
Recommends