Excel、Wordのファイルに入力されたURLやメールアドレスをクリックすると、自動でリンク先のウェブサイトが開くことがあります。
作業している時に、誤ってリンクを開いてしまうと結構ストレスですよね。

そんなときは、自動で開かないように「ハイパーリンクの削除」を行いましょう。

※記事ではExcelを使って解説します。

文字のリンクを削除する方法

下記の手順で、URLやメールアドレスからリンクを削除することができます。

1.リンクを削除したい文字を選択する

1の時、複数のセルを選択しておくと、複数のリンクをまとめて削除できます。

2.リンクが削除されます

初期設定を変更する方法

URLやメールアドレスを入力しても、自動でリンクがされないよう、あらかじめ設定しておくこともできます。

1.「Excelのオプション」画面を開く

2.「オートコレクト」画面を開く

3.ハイパーリンクの設定を変更する

「オートコレクト」画面右下の「OK」ボタンをクリックすると設定が完了します。
Wordでも、同様の操作でリンクの設定を変更できますので、自動的にリンクさせたくない場合は設定を変更してみてください。

※この記事は「サーイ・イサラ」から転載しています。

BIGLOBE会員のためのトレンド情報&ネット活用マガジン「サーイ・イサラ」(PR)

毎日をもっと楽しく、もっとお得に。
BIGLOBE会員のためのトレンド情報&ネット活用マガジン『サーイ・イサラ』

20年以上、支持をいただいているIT活用誌です。お申込みいただいた住所へ毎月お届けします。


トレンド情報&ネット活用マガジン『サーイ・イサラ』

の詳細はコチラでチェック!

サーイ・イサラ定期購読

ピックアップ

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

記事(84本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック