じめじめ撃退!自宅でできる湿気対策まとめ

梅雨は蒸し暑くて、とてもすごしにくいですよね。そんなときは、湿度を快適に保つだけでも、快適にすごしやすくなりますよ。ここでは、湿度が高く、すごしにくい季節に試したい湿気対策をまとめてチェックしていきましょう!

梅雨時期のじめじめ解消に! 自宅でできる湿気対策まとめ

梅雨は湿度が70%を超えることもあります。放っておくと、カビがはえるなど衛生上よくないことも多いですよね。以下で、自宅でできる湿気対策をチェックしていきましょう。

1,換気する

空気の通り道を作ってあげると、湿気が室内にこもりません。クローゼットは扉を開けて、服を詰めすぎないようにしたり、畳の上に家具を置いているなら、少しスキマを開けたりすると風通しがよくなります。

ただし、雨が降って湿度の高い日は、素早く換気をして窓を閉め、別の方法で換気をする方が無難です。室外の湿気が室内に入ってしまいます。

2,除湿器を使う

湿度が高すぎる日に、確実な方法で除湿するなら、やはり家電製品を使うことをおすすめします。一番は湿気を取り除く機能がメインの除湿器。目に見えて湿気が水に変わっていくので、水の量に驚くかもしれません。

3,エアコンを除湿運転する

除湿器の次におすすめなのが、エアコンをドライや除湿で運転すること。室内の湿度が下がり、みるみる快適空間になります。

4,浴室の換気扇を回す

戸建てよりも窓が少なく、風の通り道が作りにくいマンションであれば、お風呂場の換気扇をつけておくだけでも湿気によるカビ対策になりますよ。浴室の扉を開けておくと、脱衣所も一緒に換気できます。

5,扇風機を使う

室内で洗濯物を乾かさなければいけない場合は、洗濯機に乾燥機能があればベストですが、ない場合は洗濯物同士が重ならないように干し、扇風機をつけておくと洗濯物が早く乾きますし、湿気対策にもなります。除湿器と扇風機の組み合わせなら、さらに効果的な湿気対策になります。

6,重曹や新聞紙で部分的なケア

重曹、新聞紙などの自宅にあるアイテムでも湿気対策ができます。重曹は湿気を吸収するだけでなくニオイも取り除いてくれるので、げた箱や玄関におすすめです。アロマオイルを数滴入れると、いい香りに。また、湿気が気になるところに新聞紙を敷いたり、丸めて詰め込んだりすると湿気対策になります。

例えば、押し入れやクローゼット、タンスの中にくしゃくしゃにした新聞紙を入れておいたり、濡れた靴や長靴、ブーツの中に丸めて入れておくと乾燥が早く、ムレの防止になります。雨の日は、車内に新聞紙を用意しておけば、濡れた傘の下に敷いておけばマットがびしょ濡れになるのを防げますよ。

7,除湿剤を使う

どうしても湿気がたまりやすいところは、除湿剤を使いましょう。布団の下に敷く除湿マットやげた箱、クローゼットに設置できる除湿剤で湿気(しっけ)対策ができますよ。除湿剤は、スペースに合ったものを選ぶこと、場所に合った除湿シートを選ぶことがポイントです。

<番外編>凍らせたペットボトルと扇風機で簡易除湿

2リットルのペットボトルに水を7分目くらいまで入れて凍らせ、受け皿の上に凍ったペットボトルを設置したら、扇風機で風を当てると受け皿に水滴が落ちてけっこうな量が溜まっていきます。理科の実験でもおなじみですが、空気中の水が急激に冷やされることで、ペットボトルに水滴が付くというもの。大きな除湿効果は期待できませんが、冷風と簡易的な除湿で寝苦しい夜に役立ってくれますよ!

じめじめを解消して快適にすごそう!

湿度が高いと、とてもすごしにくくイライラしてしまうこともありますよね。できるだけすごしやすくなるように、家電製品や家にあるものを使って工夫すると、梅雨も快適にすごせそうです。

関連記事

屋内でも日焼け対策!紫外線を防ぐ方法5つ
洗濯物を室内干しで効率的に乾かす方法
知っていますか? 春夏秋冬の旬野菜【夏編】

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(81本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック