スマートフォンの病院検索アプリは、外出先で検索して病院の場所や行き方を確認するのに便利。病院検索サイトは情報量が多く、さまざまな条件で検索できるのが利点。クチコミも充実している。

それぞれ上手に使いこなして、自分にピッタリの病院を探そう!

現在地から近い病院を地図に表示 スマホ「病院検索 医者ここ」

病院検索 医者ここ

GPS機能を利用して、現在地の近くにある病院を検索できるアプリ。スマホにインストールしておけば、外出先でケガをしたり急に体調が悪くなったりした時にも心強い。

GPSをオンにしてアプリを起動すれば、自動的に周辺の病院が検索され、地図上にピン表示される。詳細情報のページには「近くの薬局」「近くのコンビニ」などのリンクがあり、タップすると位置が表示される。これはなかなか便利だ。

住所や駅名を入力して、都道府県・市区町村リストから絞り込んでの病院検索もできる。また、メニューを切り替えると歯科医院検索もできる。

▼病院検索 医者ここ(価格:無料 OS:Android 2.2以上)
Android版のダウンロードはこちら!

▼医者ここ+(価格:無料 OS:iOS 4.3 以降)
iPhone版のダウンロードはこちら!

診療科目やカテゴリーなどから絞り込める Androidアプリ「全国病院検索forポケットメディカ」

全国病院検索forポケットメディカ

こちらは、現在地から近い病院を探す時に、診療科目を選んで検索できるスマホアプリ。「Googleマップ」に連携して位置を表示し、ナビ機能を利用すれば道順もバッチリ案内してくれる。

「呼吸器の病気」「目の病気」といったカテゴリーや、「感染症」「スポーツ外来」などキーワードからも検索が可能。さらに、人間ドックを行っている施設の検索もできる。

全国病院検索forポケットメディカ(価格:無料 OS:Android 1.6以上)
「全国病院検索forポケットメディカ」のダウンロードはこちら!

患者さんたちのクチコミコメントもキーワード検索できる ウェブサイト「病院検索 QLife」

病院検索 QLife

全国17万件以上の病院の中から、診療科目、都道府県、市区町村などの条件で検索ができるサイト。地図や路線・駅からの検索ももちろん可能だ。

そのほか、地域名・住所の一部・診療科目の一部などのキーワードを入力しても、該当する病院を検索できる。

うれしいのは、クチコミのコメントをキーワード検索できること。たとえば、キーワード「人柄」を入力して検索してみると、1100件近くのコメントがヒット。ドクターの人柄を評価するコメントが並んだ。実際に受診した患者さんや利用者によるクチコミは、とても参考になる。

病院検索 QLife

患者さんによるオススメ病院情報を集約 ウェブサイト「ARA! 患者推薦病院NAVI」

ARA! 患者推薦病院NAVI

こちらは、まさに実際に受診した患者さん・利用者が推薦する病院だけが紹介されているサイト。患者さんの投稿メッセージを読めば、何がどのようにいい病院なのかがよくわかる。診療科目別の構成だが、地域による検索もできる。

「推薦の多い病院TOP50(全国)」「地域別TOP30」といったコーナーもあり、人気の高い病院を知ることができる。オススメの病院についてコメントを投稿するための病院推薦用フォームもあり、常に投稿を受け付けている。ただし、自薦は禁止だ。

一部、古い情報も混ざっているので、いつ更新・投稿された情報かを確認したほうがいい。このサイトに限ったことではないが、実際に病院を利用する前に、他サイトなどでも情報内容を確認しよう。

ARA! 患者推薦病院NAVI

「病院機能評価結果の情報提供」ページで病院の客観的評価がわかる ウェブサイト「公益財団法人 日本医療機能評価機構」

公益財団法人 日本医療機能評価機構

このサイトの「病院機能評価結果の情報提供」ページでは、日本医療機能評価機構が認定した全国2353件の病院のうち、病院機能評価結果の情報提供に同意した病院の評価結果を検索して閲覧できる。

日本医療機能評価機構は、第三者機関による医療機関の評価を行い、各病院などが質の高い医療サービスを提供するための支援を行うことを目的に活動する公益財団法人だ。

評価項目は、病院の理念、管理体制から職員の研修や活動意欲、患者の権利の尊重、病院の将来像などまで多岐にわたる。利用者のクチコミでは得られない客観的な視点による情報が多く盛り込まれているので、とても参考になる。

公益財団法人 日本医療機能評価機構「病院機能評価結果の情報提供」


今回は病院検索アプリ&サイトをまとめて紹介したが、健康に関する情報を集めたサイトやアプリには他にもいろいろなものがある。

健康診断、健康管理、健康相談、薬情報検索などなど。詳しくは、サーイ・イサラ2月号の特集2「健康のためのネット活用術」をご一読あれ!

ピックアップ

服部啓一(はっとり けいいち)

元サーイ•イサラ編集部員。主に特集や「大人時間」などを担当。うまいものに目がなく、特にカレーを語り始めるとNobody can stop! 近頃ちょっとカレー太りが気になるお年頃のオヤジ。どうやら息子もカレー好きを受け継いでいるらしい。

記事(2本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック