テレワークを快適に使うのにはどんな回線が良い?必要速度は?

新たな働き方として導入が加速しているテレワーク(在宅勤務)。インターネットを利用し遠隔でこなす業務が増える中、自宅に確保すべき通信回線の要件とはどんなものなのかを解説します。

新型コロナウイルス(COVID-19)発生後の新たな働き方として導入が加速しているテレワーク(在宅勤務)スタイル。

メールやメッセージアプリでの簡単なやりとりに加えて、ビデオ通話での打ち合わせ、業務資料の送受信、オフィス内のパソコンへのリモートアクセスなど、自宅でこなす業務の幅が広がったという人も多いのではないでしょうか。

こうした“インターネットを活用した働き方”にシフトする際、今一度見直しておきたいのが通信環境です。ストレスなく仕事をするため、自宅に確保すべき通信回線の要件とはどういったものでしょうか?

通信速度と通信量を意識すべし

意識したいのは通信速度と通信量です。
たとえばテレワーク導入が加速する中で注目を集めているオンライン会議サービス。

Skype(スカイプ)やZoom(ズーム)といった主要サービスが“推奨”として案内するおおよその通信速度(帯域幅)は次のようになっています。

・ビデオ通話(1対1)
下り(ダウンロード)速度:300kbps~1.5Mbps
上り(アップロード)速度:300kbps~1.5Mbps

・ビデオ通話(複数人参加)
下り(ダウンロード)速度:1Mbps~8Mbps
上り(アップロード)速度:512kbps~3Mbps

通信速度だけならスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターで事足りるように思えます。しかしもう1点、利用時間・頻度の増加にともない、通信量が積み重なっていくことも見逃せません。

スマホやモバイルルーターの多くには、1ヶ月に利用できる通信量が決まっている、使い放題だけど一定量以上の利用には速度制限が設けられている、といった注意すべきポイントがあります。

さらにテレワークでは業務資料の送受信、オフィス内のパソコンへのリモートアクセス、業務システムの利用など、インターネット通信を利用した他の作業も広く想定できます。

こうして考えると、スマホやモバイルWi-Fiルーターは継続的なテレワークには不向きであることがわかります。もしテレワークが継続的に見込まれるのであれば、通信品質がより安定した固定回線(光回線)の導入がオススメです。

快適なテレワークにはインターネット環境が大切

テレワークの要件を満たした通信環境を望むなら、たとえばビッグローブが提供する「ビッグローブ光」であれば、NTT東日本・NTT西日本と同じ“広いサービスエリア”において最大1Gbpsの光回線が利用可能です。

ビッグローブは通信プロバイダーとして25年の実績があり、「ビッグローブ光」は光回線とプロバイダサービスがセットになっているサービスです。毎月定額で高速かつ高品質なインターネットを利用でき、さらに、auユーザーやBIGLOBEモバイルユーザーなら、お得な割引も用意されています。

また、BIGLOBE WiMAX 2+は、モバイルWi-Fiなので小さな端末を持ち歩けば家でも外出先でも快適なインターネット通信が利用できます。工事も不要なので、端末が届いた日からすぐに使えます。急ぎでテレワーク環境が必要な方にもおすすめです。

テレワークが増えたこの機会に、料金の見直しも含めて、インターネット環境を整えてみてはいかがでしょうか。

▼ビッグローブ光の詳細はコチラ

▼BIGLOBE WiMAX 2+の詳細はコチラ

まきはら とよかず

1986年生まれ。仙台在住。スマートフォンをはじめとする「ガジェット」に関心を持つフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品で個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

あなたにオススメ
Recommends