光コンセントがあれば光回線工事が不要ってホント?

光回線工事が不要になる場合もある光コンセントとは?

自宅のインターネットを光回線にしたいけど、工事が面倒だな、手間がかかりそうだななんて思っていませんか?

光ケーブルを自宅に引き込むとなるともしかしたら壁に穴をあけなきゃいけないかも......なんて不安もありますよね。賃貸マンションや借家なんで光回線は無理かなって諦めている方も多いのでは。

でもちょっと待ってください。光回線にする場合、もちろん工事が必要な場合もあるし、壁に穴をあけなきゃいけない場合もあります。

でももしかすると壁に穴をあけるどころか、工事をしなくてもいいって場合もあることご存知ですか? そのカギは光コンセントにあります!

そこで今回は光回線工事が不要になる場合もある光コンセントについて詳しくご紹介します!

そもそも光コンセントって何?

もし自宅のコンセントが光コンセントになっていれば、光回線工事が不要になるかもしれません。

でも光コンセントって何?って思いますよね。

光コンセントとは、光回線でインターネットを利用するためのコンセントです。

もちろん自宅のすべてのコンセントが光コンセントである必要はありません。どこか1ヵ所でも光コンセントがあれば、自宅にまですでに光回線がつながっている。つまり光回線工事が済んでいるということなんです。

光コンセントが自宅にあれば派遣開通工事の必要ないの?

「光回線工事って立ち会わないといけないんでしょ。仕事が忙しくてなかなかスケジュール取れないよ」といった方でも、自宅に光コンセントがあればそういった心配はご無用です。光回線を契約する際、工事の立ち合いなしで光回線を利用できちゃいます。これを工事担当者が訪問する派遣開通工事に対して無派遣開通工事といいます。

もちろん工事担当者の訪問がないので、工事費もとってもお得になります。つまりわざわざ時間をつくって立ち会う必要もなく、工事費もお得。これが光コンセントがある場合のメリットです。

光コンセントってどういった形のものなの?

光コンセントが自宅にあれば光回線工事が不要であることはおわかりいただけたでしょうか。でもじゃあ光コンセントってどんなものなの? って思いますよね。

一般的に光コンセントは、大きく二つに分けられます。ひとつは電源用のコンセントと一緒に壁にくっついている一体型。

光コンセントがあれば光回線工事が不要ってホント?

そしてもうひとつは壁からケーブルでつながれている分離型です。

光コンセントがあれば光回線工事が不要ってホント?

この二つ以外にも、電源コンセントと離れているタイプもあります。

光コンセントがあれば光回線工事が不要ってホント?

これを参考にご自宅のコンセントがどのタイプかを確認してみてくださいね。

ちなみに次のようなコンセントは光コンセントではありませんので、派遣開通工事が必要です。

光コンセントがあれば光回線工事が不要ってホント?

また光ファイバー・同軸ケーブル通気口はあるものの、回線の引き込みがされていない場合も派遣開通工事が必要ですのでご注意ください。

光コンセントがあっても無派遣工事ができない場合

ただ、注意が必要なこともあります。自宅に光コンセントがあっても必ず無派遣工事ができるわけではないんです。

auひかりやNURO光などNTT系以外の光回線サービスに申し込んだ場合、すでに光コンセントがあったとしても、必ず派遣開通工事になります。光コンセントがあって無派遣開通工事になるのは、フレッツ光やBIGLOBE光などNTT系の光回線サービスに申し込んだ場合のみなので注意してください。

光コンセントがあってもなくてもまずは申し込みから

光コンセントがあれば、後は光回線サービスから送られてくるONU(光回線終端装置)に接続するだけで光回線でのインターネットが可能になります。

つまり光コンセントがあっても、ONUがなければ、インターネット接続はできません。そして無派遣開通工事になるか、派遣開通工事になるかは申し込んでから決まるので、光コンセントがあってもなくても、まずは申込をすることを忘れないでくださいね。

関連記事

光回線の工事って何するの?
光回線がつながるエリアは?自宅がエリア内か調べる簡単な方法
乗り換えたほうが得をする? 話題の「光コラボ」について覚えておくべきポイント

ピックアップ

川村龍一(かわむらりゅういち)

ネットサービスやツールに関することを中心に色々書いているフリーのライターです。バンドやったり歌詞作ったりもしてます。将来的には子供向けの何かを作ったり書いたりできればいいなと日々を過ごしてます。

記事(33本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック