「非常口」はどうして緑色? 日本人であることが嬉しくなる非常口の雑学

非常口の緑色の「ナゼ」に迫ります。サインの中で走っている人と避難誘導表示板に塗られている夜行塗料には、ある共通点が! 日本人なら知っておきたい雑学をお届けします。

以前、牛島さんより「間違って覚えていたかもしれない道路標識」という記事がありましたが、今回は身近にあるあの非常口のサインの「色」のなぜに迫りたいと思います。

非常口ってどうして緑色なの?

火事だー、逃げろ! でも、赤い炎で何も見えない・・・ ん? なんだ? 炎の向こうに見えるものは・・・? ひ、ヒヒ、、ヒジョーグチだー、緑色が目立って見えやすい! おかげで助かった~
でも待てよ、どうして緑色が目立つの?
ちょっと小芝居をしてしまいましたが、答えは非常口、いえ、非常にシンプル。
赤と緑が補色の関係にあるためです。
炎の赤に対して一番見えやすい色が緑。そのため、非常口のマークは緑色をしています。これは消防法の「誘導灯及び誘導標識の基準」にて規定されており、しっかりとした基準があります。緑ならどんな色でもいい、というわけではないのですね。

非常口誘導灯の中で走っているあの人

さて、緑色のワケがわかったところで、今度はその緑色の中に描かれている、あの人にクローズアップしてみましょう。
彼(いや、彼女かも?)は、グラフィックデザイナー・太田幸夫さんらにより手がけられたもので、なんと、ISO(国際標準化機構)に採用されています。つまり、いつも目にしているあの緑のサインは日本が生んだ世界標準デザイン
そう思うと誇らしく思えてきますよね。
いつか海外へ行くことがあったら、ぜひあの走っている人を見つけてみたいものです。
避難経路の事前確認も兼ねられて、一石二鳥です。
※全ての国で同デザインが使用されているわけではありません。独自のサインを用いている国もあります。

日本が誇る夜光塗料

ちなみに東京都内の地下鉄駅構内にある避難誘導表示板には、暗くなっても見えるように「夜光塗料」というものが塗られています。この夜光塗料の分野でも日本の企業が世界で活躍しているってご存知でしたか?
その名は根本特殊化学株式会社。夜光塗料といえば、これまで微量の放射性物質を含むのが常識だった中、同社は放射性物質を全く含まない夜光塗料の開発に成功。
いまやその技術は世界シェアを独占。なんとアメリカの国防総省ペンタゴンでも採用され、階段や非常口で輝きを放っているのだそうです。

あなたにオススメ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。