iPhoneで「ヘルスケア」アプリ眠っていませんか?歩数計として使えます!

「運動不足でウォーキングでもしようかと考えている」「毎日自分がどれだけ歩いているのか知りたい」そんなときの強い味方が歩数計。
とはいえ、歩数が測れる健康管理系のアプリは数多く、設定や見方が難しくてよくわからない人も多いのでは?

iPhoneをお使いなら、標準搭載の「ヘルスケア」アプリで毎日の歩数がチェックできますよ!

iPhoneで「ヘルスケア」アプリ眠っていませんか?歩数計として使えます!

すでにあるアプリを開くだけで歩数記録が表示

これがiPhoneに搭載されている「ヘルスケア」アプリ。使わないのでフォルダに放置していた人も多いかと思います。開いて左下の「今日」をタップすると、「ウォーキング+ランニングの距離」「歩数」「上がった階段」が表示されます。

iPhoneで「ヘルスケア」アプリ眠っていませんか?歩数計として使えます!

けっこう歩いている......!(喜)

上がった階数はiPhone6以上から搭載されている「気圧センサー」でカウントされているそうです。正確かどうかはちょっとナゾな部分もありますので、あくまで目安としてとらえましょう。

※「上がった階数」はiPhone6/6S以降で搭載された機能です。

カレンダーを表示させて任意の日を選ぶと、その日の歩数データが表示されます。ヘルスケアアプリの機能をオンにしていたので、iPhoneを買った日からの歩数データが記録されていました。

表示されない人は設定して今日から使おう!

「歩数データが表示されない」という人は、電池の節約のためにふだん使わないアプリをオフにしていたのかもしれません。

さっそく設定してみましょう。

「設定」→「プライバシー」→「モーションとフィットネス」→「フィットネス・トラッキング」「ヘルスケア」の両方をオンにします。

iPhoneで「ヘルスケア」アプリ眠っていませんか?歩数計として使えます!

iPhoneで「ヘルスケア」アプリ眠っていませんか?歩数計として使えます!


これでiPhoneを持ったまま移動してみると、歩数が記録されています。

「今日は思ったより歩いてた!」「最近歩いていないから明日はひと駅歩いてみようかな」と、iPhoneを持っているだけで、毎日のちょっとした楽しみが広がります。

ぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

iPhoneの写真を加工したいときは「複製」しておこう
【iOS 11】自分が接続した Wi-Fiパスワードを、一瞬で隣の人のiPhoneに共有する方法
【iPhone】カメラロールの不要な画像を指先ひとつで一気消しする方法。これは快感だ

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(235本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック