「グリーンスクリーン」でオンライン会議の背景をよりきれいに!

「Zoomなどで設定したバーチャル背景が、なんだか色ムラがあり不自然になってしまう」とお悩みの人へ♪「グリーンバック」があれば、なめらかで自然な画面になりますよ!

Zoomなどでオンラインミーティングを行うときに便利な「バーチャル背景」。

多くのオンラインミーティングで手軽に設定でき、
生活感もプライバシーも手軽に隠せるため、重宝している人も多いことと思います。

一方でバーチャル背景を使っていると「色ムラが出て、不自然になってしまう」というお悩みをもつ人も多いのでは?

バーチャル背景を使うと、このように人物と背景の間にムラがうまれて、どうしても不自然な画面になってしまいがち。

背景と自分の髪や肌、服などの色が似ていると、その部分も背景と認識されて色ムラができたり、透けて見えたりしてしまうんですね。

本などの小物を取り出したときに、背景が透けてしまう、という経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか。

なぜこうなるかというと……。PCのスペックが動作環境を満たしていないことから、バーチャル背景に対応できないようです。

ですが……あるアイテムがあれば解決できるんです!

バーチャル背景使用のカギは「グリーンスクリーン」

▲折りたたみ式のグリーンバックを広げたところ

バーチャル背景を使用しようとしたとき「グリーンスクリーンがあります」と表示されることがありますが、そもそも「グリーンスクリーン」って何?と思った人も多いと思います。

「グリーンスクリーン」とは、緑色の背景のこと。「グリーンバック」とも呼ばれます。

背景色には、人物の肌色と正反対に位置する関係の色の組合せを用いることで、より自然にきれいに見せることができます。

正反対に位置する色のことを専門用語で「補色」といいます。
人間の肌の色と補色の関係にあるのがブルーやグリーンなんです。

つまり、ブルーやグリーン一色の布を背景に広げることで、人物を含めたバーチャル背景がよりキレイに映し出されるようになるのです。

▲グリーンバックの裏面がブルーになっているものもある

ブルーの場合は、全体が青みがかって画面全体が暗くなってしまうこともあるため、グリーンの背景が使われることが多いようです。

「グリーンスクリーン」で色ムラなく自然に!

このような映像技術は「クロマキー」と呼ばれ、「グリーンスクリーン」は元は映像業界で使われていたものですが、コロナ禍でオンラインミーティングが広まったこともあり、購入する人が増えているようです。

また、メルカリやネットオークション出品の際の撮影などにも使われています。

このような折りたたみタイプを選べば、ポップアップテントなどと同じように広げるとシワのない背景が作れます。

吊り下げもカンタンで、布を広げたときに、ヨレやシワがないほうが、よりキレイに映るのでおすすめ!

▼Zoom会議の背景に便利な「グリーンスクリーン」各種はコチラ

「グリーンスクリーン」の使い方はカンタン

まず、グリーンスクリーンを背景に置いてからバーチャル背景を選択すると、自動的にグリーンスクリーンが検出され、バーチャル背景が設定できるようになります。

▼before

▼after

色ムラや透けてしまう現象もなくなり、ストレスなくオンラインミーティングに参加することができますよ!

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。