機種変更の時も安心!写真を無制限に保存してくれる『Google+』の【小技】を利用しよう

写真を容量無制限で保存してくれる機能があるのを知っていましたか?

万が一故障してしまった時や、機種変更の時に心配なのは、Androidスマートフォン(以下、スマホ)で撮影した写真。
その写真を容量無制限で保存してくれる機能があるのを知っていましたか?
Google+』にある「写真」という機能です。かなり便利ですので、利用方法を紹介します。
「写真」機能をマスターしよう!
 →設定はとっても簡単!
 →保存できる容量は?
 →簡単な加工もできる!

設定はとっても簡単!


最近のスマホには、風車(かざぐるま)のようなアイコンの「写真」が追加されています。
もともと「ギャラリー」や「アルバム」といった名前で入っているかと思いますが、こちらのアプリを利用します。


もし、ない場合は『Google+』から設定します。
メニューから「写真」を選択して「設定」よりスタート。いつバックアップをするのか聞かれます。



バックアップは「設定」の「自動バックアップ」で行います。設定は4種類あります。
Wi-Fiおよびモバイルネットワーク:インターネットができる状態では常にバックアップしますが、バッテリーの減りが早くなってしまう場合がある他、パケット量を多く使う場合があります
Wi-Fi経由のみ:Wi-Fiで通信ができる環境下でのみバックアップをします
ローミング:海外にて国際ローミングをしている場合でもバックアップしますが、通信量が割高になる場合があります
充電時のみ:スマホが充電されている場合のみバックアップをします

おすすめは「Wi-Fi経由のみ」+「充電時のみ」という組み合わせ技。自宅でWi-Fiが利用できるようであれば、帰宅してから充電することで、その日に撮影した写真をバックアップさせることができます。
また、バッテリーの消費こそ多くなるものの、「Wi-Fiおよびモバイルネットワーク」を利用することで、旅行時など、すぐにバックアップしてくれますよ!

保存できる容量は?

しかしながら、気になるのは保存容量。便利にバックアップしてくれるけれども、保存容量が少なくては意味がないですよね。

写真は300万画素相当のサイズ(長辺2,048ピクセル)であれば無制限。何万枚でも保存してくれます!
300万画素相当のサイズを超えるフルサイズであれば、約15GBまで(1枚当たり800万画素、3MBとして約5,000枚)。また、15分以内のフルHD動画も無制限に預かってくれますよ。
しかも、フルサイズの保存制限15GBを超えてしまった場合は、自動的に300万画素相当のサイズに変更して保存してくれるようです(別途、追加容量を購入することも可能)。
300万画素相当のサイズは、L版の写真に印刷する程度であれば問題ないですし、他の人と共有するのにもちょうどよい容量です。



スマホを購入してからずっと写真や動画を保存していてもバックアップの容量が足りなくなるということがなくなり、安心です。
※『Google+』のフルサイズの保存制限15GBは、「Gmail」や『Google ドライブ』と共通の容量になります。詳しくは、GoogleのHPにある「Google ドライブ ストレージについて」を参照ください。


簡単な加工もできる!

「写真」アプリは、バックアップできるだけではありません。実は編集機能も備えているのです。

写真の回転やトリミング、様々なフィルタ効果を挿入できる他、フレームの追加も可能です。
用意されているフィルタは、「モノクロ」や「ウォーム」など全9種類、フレームは11種類用意されています。中にはタップしてデザインを変えられるものもあります。
バックアップをとった写真をちょこっと編集・加工したい場合に、別途アプリを利用する必要もありません。
それでもフィルタやフレームの種類がちょっと物足りないと感じたら、好みの写真加工アプリをダウンロードして使いましょう!


機種・キャリア問わずバックアップしてくれる!


『Google+』の「写真」でバックアップをとることで、万が一スマホが故障してしまった場合や、機種変更時にも写真を簡単に移し替えることができますし、MNPした時にもケータイ会社を問わずにバックアップできるメリットがあります。


そしてなにより無料かつ容量無制限なので、写真をたくさん撮る人でも安心して利用できると思います!ぜひ、お試しください。

▼andronavi(アンドロナビ)の最新特集もおすすめ

あなたにオススメ
Recommends

andronavi(アンドロナビ)

国内最大級のスマホ情報サイト。定番アプリや人気ランキング、スマホ活用術など、 スマホをもっと楽しくもっと便利にする記事をお届けしています。⇒andronaviとは?