iPhone 7からGoogle Pixel 3に機種変してわかったこと

iPhone一筋だった筆者が、なんとなくGoogle Pixelに機種変更したら、あまりにも便利すぎて手放せなくなる事態に。Google Pixelの魅力を紹介します。

iPhone 7からGoogle Pixel 3に機種変更

iPhone 4でスマホデビューした筆者は、その後もずっとiOSを使い続け、数カ月前まではiPhone 7を使用していました。
でも、ここ数年の新型iPhoneを見ていると、あまりワクワクするようなデバイスとは思えず、思い切ってandroidスマホに切り替えてみることにしたのです。そこで、選んだのがGoogle Pixel 3(以下、Pixel)。
Pixelを数カ月使ってみて、「機種変更してよかった!」と感じることが増えてきたので、詳しく紹介します。

Pixelのカメラ性能がとにかくスゴイ!

数多くあるandroidスマホのなかから、なぜPixelを選んだかというと、それはカメラ性能です。Pixelには「夜景モード」という機能が搭載されており、フラッシュを使用せずに暗い場所でも色鮮やかに、細かい部分まで鮮明に撮影できます。
以下がiPhone 7とPixelの比較画像です。

まずは、iPhone 7で撮影した新宿の夜景。

一方でPixelの「夜景モード」で撮影した画像を見ると、iPhone 7の画像よりも白飛びは抑えられていて、全体的に明るくなっていることがわかります。ノイズが少なく細かい部分まで鮮明に撮影できていることもポイントです。

iPhone 7で撮影した植木の画像はこちら。

同じ場所をPixelで撮影すると、花のピンク色や葉のグリーンも鮮やかに写せています。
このようにPixelの「夜景モード」は、暗いシーンでも被写体を美しく撮影できるというメリットがあり、とても便利なのです。しかも三脚のような固定する機材は不要、手持ち撮影でOKというスグレモノ。

PCとのデータ同期が簡単に!

筆者は仕事用にWindows PCと、プライベート用にMacBook Proを使用しています。仕事ではWi-Fi対応の一眼レフカメラで撮影した画像をスマホに転送し、さらにスマホからPCに同期する作業がほぼ毎日あるのです。
iPhoneを使っていたころは、MacBook Proとは簡単に画像などの共有ができていました。でも、プライベート用で使っているMacBook Proに画像を転送することがあまりなく、Windows PCに転送することのほうが多かったため、同期作業がちょっと面倒…。
そんな悩みを解消してくれたのもPixel! 一眼レフカメラからPixelに画像を転送すると、Pixelに保存された画像が自動的に「Google フォト」にバックアップされます。あとは、PCから「Google フォト」にアクセスして、使いたい画像を選択してダウンロードするだけ。
煩わしい同期作業がなくなり、仕事効率は大幅に向上しました。
ちなみにPixelはGoogleアカウントと紐づけられるので、「Google カレンダー」や「Google ドライブ」など、さまざまなGoogleのサービスとの同期も、すごく簡単に行えます。

「Play Music」と「Chromecast」で音楽を聴く

iPhone時代は音楽を聴くために「Apple Music」を使用していたのですが、これだとテレビにつなげた「Google Chromecast」には接続できませんでした。
Pixelに機種変更したのと同時に、音楽アプリを「Google Play Music」に変更したところ、「Google Chromecast」に接続できるようになり、テレビから好きな音楽を流せるようになったのです。
もちろん、iPhoneをテレビに接続して音楽を流す方法もありますが、筆者の環境ではそれがしづらい状況だったので、これも地味に嬉しいポイントでした。
今回紹介したように、普段からGoogleのサービスや商品を使っているなら、スマホもPixelに変えることで、いろんなことが簡単で便利になり、より楽しい生活に生まれ変わる可能性大ですよ。

関連記事

iPhoneもAndroidも!スマホの機種変更の注意点【まとめ】
Googleフォトスキャンで、紙の写真をデータ化!使い方の基本&応用
Google Payとおサイフケータイは何が違うの?

あなたにオススメ

奈古善晴

健康維持のために自転車通勤をしている昭和生まれライター。一眼レフカメラとイヤホン、パソコン、浅草、東京タワーがなによりも大好き。