Googleフォトの容量がいっぱいに?「高画質」保存を活用しよう!

スマホやデジタルカメラで撮った写真のバックアップをGoogle フォトにとっておくと便利ですよね。無料で容量無制限で保存できます。ただし、「高画質」設定にしていないと容量不足になることも。対処方法をお伝えします。

スマホで写真を撮ることは日常的になっています。写真のバックアップ先として無料で容量無制限の「Googleフォト」を使っている人も多いことでしょう。ただし、スマホのカメラ性能がどんどんアップしているということは、画素数も大きいということ。容量制限にかかってしまったらどうすればいいのか、解説します。

Googleフォトとは?

Googleフォトとは、Googleアカウントを持っている人なら誰でも無料で使えるクラウドフォトストレージサービス。最大1600万画素までの写真、または1080pまでの動画であれば容量無制限で保存しておけます。
ちなみに、1600万画素の写真サイズがどれぐらいの大きさかというと、4:3の比率で4618×3464ピクセル。今主流の4K画質(3840×2160)よりも大きいサイズで、A4用紙への印刷にも耐え得る大きさです。
それを超える大きさについては容量制限があり、Google ドライブと共用で15GBまで(無料分)。それを超えると「保存容量が不足しています」というエラーが表示されてしまいます。

Googleフォトのはじめかた

Googleフォトアプリをダウンロードします。(ほとんどのAndroidスマホにはプリインストールされています)

▼Android版のダウンロードはコチラ
▼iOS版のダウンロードはコチラ

スマホの写真をGoogleフォトに自動でバックアップするには、まずGoogle フォトアプリを立ち上げ、Googleアカウントでログインします。

「バックアップと同期」をオンにすれば完了です。

このとき、画質を「元のサイズ」ではなく「高画質」を選択しないと、容量無制限で保管できません。そのあとは、スマホ内の写真がGoogleフォトにアップロードされるまで気長に待ちましょう。ただし、Wi-Fi下で行わないとデータ通信量がものすごいことになってしまうので注意してください。最初のうちだけ、モバイルデータ通信を使わないように設定しておくことをオススメします。

Google フォトの容量がいっぱいになってしまったら?

容量無制限でない1600万画素以上の写真があると容量不足に

このように便利なGoogle フォトですが、容量不足のエラーが出てしまうことがあります。それは、前述の画質選択のときに「高画質」でなく「元のサイズ」を選んだことがあり、1600万画素を超える写真を保存しているからと考えられます。

では、すでに保存してある1600万画素以上の写真はどうすればいいのでしょうか。

アップロードした写真のサイズを1600万画素以下に変更する

すでにアップした画像を一度削除しなければならないのでしょうか。いえ、安心してください!データ容量を使ってしまっている写真を削除せずに、容量の確保する方法があります。
それには、すでにアップロードした写真サイズを1600万画素以下に変更すること。大きなサイズの写真は、Google フォトで「元のサイズ」と呼ばれるサイズで保存されています。それを、Google フォト推奨の「高画質」(1600万画素)に変更するのです。

一気に「高画質」サイズに変更する方法

とはいえ、一枚一枚サイズを確認し、フォトエディターアプリなどで縮小してから再アップロードするのは大変ですが、実は、Google フォトには一気にサイズを「高画質」に変更する方法があるのです。

パソコンで操作します。まずパソコンでGoogle フォトを開きます。左上にハンバーガーメニュー(漢字の「三」のようなアイコン)が表示されます。そこをクリックすると「設定」という項目があるので、クリックします。

「アップロードサイズ」の中に「容量を解放」というボタンがあるので、それをクリックすればそれまでアップロードした大きなサイズの写真を1600万画素の「高画質」へとサイズ変更してくれるのです。

該当する写真が多ければ多いほど、変更には時間がかかってしまいますが、全てクラウド上で行われるので、画面を閉じてもPCをシャットダウンさせても問題ありません。気長に待ちましょう。

サイズが多少小さくなってしまうとはいえ、冒頭で述べたように4K画質以上の画質以上ですし、A4サイズへも美しくプリントアウトできるサイズ。ましてや、スマホでの閲覧がほとんど、というのであれば全く問題ないと言えるでしょう。
▼関連記事
Google フォトの「高画質」写真は劣化するのか、プリントしてチェックしてみた
スマホでフォト派も、デジカメでしっかり写真派も、これならいつまでも大切な写真をなくす心配はいりませんね。クラウドストレージサービスを上手に活用して、これからも楽しいスマホライフを送っていきたいものです。

あなたにオススメ
Recommends

渡辺まりか

デジタルガジェットをこよなく愛するフリーライター。専門学校で約10年の講師経験あり。小型船舶操縦士免許2級、乗馬5級、普通自動二輪免許など趣味多し。