Google「画像検索」

「この写真の俳優さん、誰だっけ?」「この写真、どこの風景だったっけ・・・」という時に、ピッタリの無料ツールがあるんです。それがGoogleの「画像検索」!

「言葉」じゃなくて調べたい「画像」を元に検索できるから、キーワードがわからなくても簡単に検索できるのだ。

ほかにも知って得する便利機能が備わっているので、役に立つ「画像検索」活用術を紹介していこう!

  1. 基本技「画像から地名や人名を検索する」
  2. 応用技「スマホの壁紙だけを探す」
  3. 応用技「イラストだけを探す」

基本技「画像から地名や人名を検索する」

検索方法は3種類あって、どれもシンプルで簡単。

Google「画像検索」

まずは、Googleのトップ画面の上にある[画像]をクリック。「画像検索」の画面を表示する。

1つめの検索方法「ドラッグ&ドロップ

Google「画像検索」

パソコン内に保存した画像やWEB上の画像をマウスで移動(ドラッグ)させて、検索ボックスに入れて離す(ドロップ)だけ。

Google「画像検索」

そうすると、その写真に似た画像をWEB上から探し出して、候補を並べて表示してくれるのだ。

あ、そうそう。この写真アメリカの「ヨセミテ国立公園」だった!
とわかるのだ!

2つめの検索方法は「画像のアップロード

Google「画像検索」

カメラのアイコンをクリックして[画像のアップロード]をクリック。[ファイルを選択]ボタンをクリックして、パソコン内の画像を選べば、その画像を検索してくれる。

3つめの検索方法は「画像のURLのコピー/貼り付け

WEB上の気になる画像を見つけたら、画像の上で右クリックし[画像URLをコピー]をクリック。

Google「画像検索」

そしてカメラのアイコンをクリックして[画像のURLを貼り付け]をクリックし、検索ボックスにURLを貼り付けて検索する。

Google「画像検索」

すると、類似する写真が掲載されているWEBサイトが検索されるので、その掲載内容からこの画像が「川越」の街並みだということがわかる。

応用技「スマホの壁紙だけを探す」

最近iPhone5にしたけど、壁紙が選べなくて・・・という人も、画像検索を活用してみよう。

Google「画像検索」

検索ボックスに「imagesize 640×1136」と入力。たったこれだけで、iPhone5の壁紙の解像度にあたる横640ピクセル×縦1136ピクセルの画像が検索される。

厳密にはピッタリのサイズばかりではないけれど、かなり効率よくお目当ての画像が見つけられる。

応用技「イラストだけを探す」

さらに、こんなワザを使えば、お好みのイラストだって探せちゃう。今年の年賀状、ヘビのイラストを探すのに苦労したなぁ~、なんて人は、来年の「午(うま)」をぜひこの方法で探してみてください!

Google「画像検索」

まず検索ボックスに「午年」と入力。すると、たくさんの馬の画像が出てくるので、さらに絞り込むために[検索ツール]をクリック。

するとさまざまな絞り込みツールが出てくるので、[すべての種類]をクリック。[クリップアート]や[線画]などが選べるので、今回は[クリップアート]を選択。

さらに[すべての色]をクリックして希望の色を選択すれば、選んだ色を基調にしたイラストがズラリと並ぶというわけだ。

Google「画像検索」

こんな便利な「画像検索」を使いこなせれば、パソコンライフはもっと楽しくなるはずだ!早速試してみよう!

※検索結果の画像やイラストをサイトなどで利用する場合には、必ず制作元に使用の可否をご確認ください

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(275本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック