Google Home Miniを使ってみた!「スゴイ」だけじゃない「本当に便利」なポイント

2017年10月6日にGoogle Home。その1日前の5日にLINE Clova WAVE 。そして23日にGoogle Homeのコンパクト版のHome Miniが発売されました。
また11月15日には招待制ながらAmazonが3種類のechoを発売と、ここ2ヶ月で各社が相次いでAIスピーカーを発売しています。

2018年にはこれに加えてソニーもAIスピーカーを発売することを発表しているなど、今後各社の競争が激化しそうです。しかし実際にAIスピーカーが家にあることで何かが変わるのでしょうか? 

そこで今回は、実際にGoogle Home Miniを購入し、いろいろと試したみた結果をご紹介します

設定、操作はとても簡単

Google Home Miniが届いた箱の中に入っていたのは、本体のほか、「Google Home Miniについて」、「安全にお使いいただくために」、「使ってみましょう」の三つの説明書のみです。

Google Home Miniを使ってみた!「スゴイ」だけじゃない「本当に便利」なポイント

そしてこの説明書はどれもシンプルで本当に最低限のことしか書かれていません。例えば、「使ってみましょう」は1枚だけで表紙の裏に記載されているのは、「電源につなぐ」、「アプリを入手する」の二つだけです。

Google Home Miniを使ってみた!「スゴイ」だけじゃない「本当に便利」なポイント

その通り、実際に設定をしてみると本当に簡単です。Wi-Fi環境さえあれば、ものの2~3分で設定は終了し、すぐに使えるようになります。

その後の操作も「OK Google」もしくは「ねぇGoogle」を合言葉に、聞きたいこと、したいことを話しかけるだけです。

また基本的に話すことでほとんどの操作は可能ですが、マイクのオフ、音量の上げ下げなどはGoogle Home Miniをタップすることでもできます。

設定、操作方法が簡単だということは、こうしたデバイスでは実は非常に重要なことです。スマホのように個人で使うものではなく、家庭内で老若男女問わず誰もが気軽に使えなくては意味がありません。そういった意味でもこの時点でGoogle Home Miniに対する好感度はかなりアップしました。

Google Home Miniを使ってみた!「スゴイ」だけじゃない「本当に便利」なポイント

そもそもAIスピーカーって必要なの?

AIスピーカーに対して懐疑的な方は、「AIスピーカーって何が便利なの? スマホにも音声検索があるので特に必要ないのでは?」と思われているのではないでしょうか。

実は私も日本で発売される前は、話しかけるよりもスマホを使って調べたほうが早いし、わざわざ話しかけるのは面倒だなと思っていました。

しかし元来、こうしたデバイスが好きなこと、価格も6,000円と失敗しても後悔しない程度だったため、とりあえず買ってみようと思い買って使ってみたところ、便利なことはもちろん、これほど楽しいデバイスは久々に出会ったというほどに楽しいものでした

購入者やニュースサイトなどのレビューを見ると、音質が悪い、まだ日本語での会話が不十分といったマイナスな評価を多くみかけます。しかし前述したように6,000円という価格設定だということを考えれば、高音質を期待するのも無理な話ですし、会話の性能は今後、飛躍的にアップデートされていくことも期待できます。

Google Home Miniは6,000円でさまざまなことが楽しめるオモチャだと考えれば、これは非常に価値あるものだといえます。

Google Hone Miniの実際に便利なところ

Google Home Miniを使ってみて一番便利だと感じたのは、何かを知りたい、やりたいと思ったときに、スマホで調べる場合に必要な、

  1. スマホを手に取る、
  2. タップする
  3. 話しかける(キーボードで打ち込む)。

この三つの手間のうち1と2の手間がなくなることです。

AIスピーカーを使ったことのない方は、この二つの手間がなくなることがどれぐらい便利だということはわからないかもしれません。
私も実際に使ってみるまではピンと来ていませんでした。

しかし実際に使ってみると、AIスピーカーに比べてスマホは何かを調べるだけでこんなにもストレスがかかっていたのだということを思い知らされました。

逆に、AIスピーカーを使ってみると、スマホを使って調べることの手間が非常に面倒に感じるようになります

Google Home Miniの今後のさらなる進化に期待!

もちろん現在のGoogle Home Miniはまだまだ不満な点も多くあることは事実です。はっきりと話さないと認識されなかったり、同時に二つのお願いができなかったり(明日の朝7時にNHKラジオをかけて、など)といったことはありますが、それ以上にさまざまな未来を期待させるデバイスです。

まだ対応家電は多くありませんが、いずれはさまざまな家電と連動し、話しかけるだけで多くの家電を操作できるようになることが期待できますし、今以上に家族や友人と話すのに近い形での会話もできるようになるでしょう。

Google Home Miniはそうした未来の一部を、今すぐに体験したい方にとって最良のデバイスです。もし購入を悩んでいるのであれば、ぜひこの快適性を味わってみることをおすすめします。そして「OK Google」と話しかけてみませんか?

関連記事

AIやIoTが身近なオモチャに! 注目の次世代トイ3選
Amazonの「Fire TV Stick」のおかげで、うちの普通のテレビがグレードアップした
AIを活用した「AutoDraw」でお絵描きしよう!

ピックアップ

川村龍一(かわむらりゅういち)

ネットサービスやツールに関することを中心に色々書いているフリーのライターです。バンドやったり歌詞作ったりもしてます。将来的には子供向けの何かを作ったり書いたりできればいいなと日々を過ごしてます。

記事(14本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック