GoogleChromeの履歴や検索履歴をすべて消去する方法

GoogleChromeを使っていて、閲覧履歴や検索履歴を全部消したい時がありますよね。この記事では、ブラウザの履歴やGoogleアカウントの履歴を消す方法についてご紹介いたします。
貸し出されたパソコンを返す時や、自分のパソコンを譲渡する時にもお役立ちの情報です!

 

パソコンの検索履歴を消したい場合、ブラウザの設定から履歴を消去することができます。これで安心……と思うかも知れませんが、それだけでは「自動入力フォーム」に入力した情報までは消去することができません。これが残っていると、履歴と同じように、サイト内検索の履歴などが他人からも閲覧できてしまうことになります。

そこで、閲覧や検索、入力履歴などとにかく全部の履歴を消したい!という方のために
・ブラウザの設定から閲覧履歴を消す
・「自動入力フォーム」の履歴を消す
・Googleの履歴を消す
以上の方法をご紹介いたします。

GoogleChromeで履歴を削除する方法

1.ブラウザの一番右上、三つの点が縦に並んでいる部分をクリック→「履歴」を選択

2.「履歴」画面で履歴一覧が表示されます。左側の「閲覧履歴データの削除」をクリック

3.削除したい期間などを選択できる別窓が登場するので「全期間」を選んで「データを削除」をクリック

この時、「閲覧履歴」だけではなく、「Cookieと他のサイトデータ」にもチェックを入れておくと、GoogleChromeからログイン済みだったサイトからもログアウトすることができます。

「履歴」からではなく「設定」からも履歴削除ができます。

1.ブラウザの一番右上、三つの点が縦に並んでいる部分をクリック→「設定」を選択

2.「設定」画面の左側「プライバシーとセキュリティ」をクリック

3.「プライバシーとセキュリティ」の「閲覧履歴データの削除」をクリック

すると、先ほどの「履歴」から選択した同じページにたどりつきます。

実は、「履歴」の「閲覧履歴データの削除」の右側にあるマークを選択しても設定ページにたどりつきます。GoogleChromeでは「履歴」と「設定」、どちらのページからでも履歴削除ができるようになっているので便利ですね。

自動入力フォームの履歴を削除する方法

次に「自動入力フォーム」の履歴も削除しましょう。ここには、サイト内検索のための検索窓に記入したワードや、通販などで記入する住所などの情報が残っていることがあります。

「閲覧履歴データの削除」から「詳細設定」をクリックします。

上から6番目「自動入力フォームのデータ」にチェックを入れ、「データを削除」を選択します。これで、自動入力フォームに入力した情報もリセットされます。

Googleアカウントの履歴を削除する方法

ブラウザの閲覧検索履歴を削除するには、GoogleChromeの「履歴」や「設定」で操作できます。次に、Googleアカウントの履歴を削除する方法についてご紹介いたします。

1.「設定」画面の左側の一番上「Googleの設定」をクリック→「Googleアカウントの管理」を選択

2.自分のGoogleアカウントページが表示される。「プライバシーとカスタマイズ」→「アクティビティとタイムライン」→「マイアクティビティ」を選択

3.「Googleマイアクティビティ」画面が表示、少し下にスクロールすると、アクティビティの削除ボタンが登場するのでクリック→「全期間」→「すべて選択」→「次へ」と進むとアクティビティも削除されます。

この作業をすると、自分のGoogleアカウントと過去の閲覧サイトの関連付けもなくなります。

ここまでしておくと、第三者にパソコンを見られても閲覧履歴も検索履歴も分からなくなります。履歴をとにかく全部消したい!というときはぜひご活用ください。

あなたにオススメ

松重明子

日本史好きな三児の母。ビールを嗜みつつ猫を愛でつつ読書をする時間が至福です。ウォーキングやストレッチも好きなので、健康情報にも関心あり。