Gmailでファイル添付忘れを防ぐ「魔法の言葉」

見積書、請求書、会議の議事録などEメールに添付して送ることも多いドキュメント。宛先やメール本文の内容に集中してしまい、肝心のファイル添付を忘れてしまった経験はありませんか?

もし「パソコンからGmailを使っている」のであれば、メールに"魔法の言葉"を一言付けるだけで、ファイルの添付忘れを簡単に防ぐことができますよ。

その魔法の言葉とは......

Gmailでメールを送る際、ファイルの添付忘れ防止に役立つ魔法の言葉とはズバリ「添付します」。

実際にGmailでメールを作成。文中に「添付します」の一言を入れ、あえて添付ファイルを付けないまま送信してみます。

Gmailでファイル添付忘れを防ぐ「魔法の言葉」


するとメールはすぐに送信されず、画面には下のような確認通知が。画面の中央上部に表示されるため、見落とすこともまずないでしょう。

Gmailでファイル添付忘れを防ぐ「魔法の言葉」

「使えるデバイス」「機能する言葉」に注意

この通知機能を使う際に注意したいことは二つ。「使えるデバイス」「機能する言葉(言い回し)」が限られていることですね。

2018年2月時点で確認してみた限り、まず"魔法の言葉"が機能したデバイスはパソコン(ブラウザ経由でGmailを表示)のみ。

iPhoneやAndroidスマホといったスマートフォンのGmailアプリでは「魔法の言葉を文中に入れる」「ファイル未添付のまま送信する」の条件を満たしても、確認通知は表示されませんでした。

また言葉(言い回し)も表現を変えて様々試してみたところ、機能したもの・機能しなかったものが次のようにわかれました。

・機能した言葉:
「添付します」「添付いたします」「添付する」「添付ファイルを参照」

・機能しなかった言葉:
「添付させていただきます」「添付しておきます」「添付ファイルをご確認」

メールを送る相手によって文体も変わると思いますが、一番シンプルな「添付します」を意識して使うクセをつけておくとよいのではないでしょうか。

うっかり添付ファイルを忘れてしまうことが多い、なんて人はぜひお試しあれ。

関連記事

【Gmail活用術】ファイルの添付忘れを阻止!ビジネスで便利なワザ3選
iPhoneのメールを徹底的に使い切る!
外出先でもチェックが可能!ファイルをシェアしてみよう

ピックアップ

まきはら とよかず

1986年生まれ。仙台在住。スマートフォンをはじめとする「ガジェット」に関心を持つフリーランスのブロガー/ライター。中でも特に関心が強いのは海外向けのSIMフリー製品で個人輸入なども楽しんでいます。ややマニアックなガジェット系ブログ「そうすけブログ.com」もほぼ毎日更新中。

記事(38本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック