Gmailのスヌーズ機能でタスク管理もラクラク

2018年4月25日にGmailが大幅にアップデートされました。

新しく追加された機能のひとつが「スヌーズ機能」。目覚まし時計や時計アプリでもよく見かける「スヌーズ機能」ですが、Gmailに搭載されたスヌーズ機能は仕事やスケジュール管理にとても便利です。

ここでは、Gmailのスヌーズ機能の使い方と活用方法をご紹介します。

Gmailのスヌーズ機能の基本と使い方

時計のスヌーズ機能は、一定時間たつと再びアラームを鳴らしてくれますが、Gmailのスヌーズ機能っていったいどういう機能なの?と思いますよね。

Gmailのスヌーズ機能は、一度届いたメールを任意で設定した時間に再度通知することができます。例えば、今受け取ったメールを1時間後や設定した日時に再度お知らせしてもらえます。

Gmailのスヌーズ機能でタスク管理もラクラク

使い方は簡単です。

まず、メール一覧からスヌーズ機能を設定したいメールにカーソルを合わせます。すると、右端のところに時計のマークが表示されます。こちらをクリックすると1時間後や2時間後、あるいは任意の設定時間として「スヌーズ期間」を設定できます。スヌーズ機能の時計マークはメール詳細を開いた画面の一番上にも表示されます。

任意のスヌーズ期間を設定したメールは「受信トレイ」から「スヌーズ中」へ移動されます。Gmailのメイン画面左端にある「スヌーズ中」を選択すると、現在スヌーズ機能を設定しているメール一覧が表示できます。

スケジュール管理にも!スヌーズ機能の活用方法

スヌーズ機能は分かったけれど、そんなに便利?という方に、ここでは二つの活用法をご紹介します。仕事やプライベートで活用するヒントになりますよ!

リマインドやスケジュールとして使う

仕事でもプライベートでも、いますぐに返信はできないけれど、今日中に必ず返信が必要だ、というメールがありませんか?

そのようなときは、忘れずに返信するために、返信できるであろう時間にスヌーズを設定しておくと返信忘れがありません。

また、会議のメールをもらったけれど、わざわざスケジュールに登録するのが面倒、というときも会議開始前にリマインドとしてメールを設定しておけば開始時刻に遅刻することや、内容を確認し忘れるということもなくなりそうです。

「帰ってきてメール」として使う

楽しい食事会やお酒の席で、帰るタイミングが難しい、ということもあります。翌日、大切な仕事が入っているときは早々に切り上げて、お先に失礼したいけれど自分から言い出すのはちょっと...というときは家族からの帰ってきてメールとしてスヌーズ機能を設定しておくのもひとつ。家族から帰ってくるようにメールが来た、ということならスムーズにその場を後にできますよね。

スヌーズ機能でタスク管理がラクラク

Gmailのスヌーズ機能を使えば、メールの返信やタスクを「忘れてしまった!」ということを解消できそうです。仕事や予定の連絡でGmailを使っているなら、タスク管理のひとつとしてGmailのスヌーズ機能が活用できそうですよ!

関連記事

Gmailでファイル添付忘れを防ぐ「魔法の言葉」
Gmailの裏技を使って一つのアドレスでSNSの複数アカウントを作る方法
Googleドライブの容量がいっぱいになったらどうすればいい?

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(48本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック