福岡ならではの作曲+「お手伝い」(作曲・編曲家SHiNTA)【福岡にリンク】

地元でデビューしてもいずれ活動の拠点を東京に移すアーティストは多い中、地元に残り続けるアーティストがいる。東京に出れば人も多い、仕事も多い、当然お金も…そんな中、地元という選択をしたある作曲・編曲家を紹介します。

福岡支局続いての記事は、福岡を拠点に活躍するクリエイターたちを通して、福岡の文化、そして福岡で働くということにスポットを当てます。今回登場するのは作曲・編曲家のSHiNTAさん。福岡を拠点に活動するアイドルグループ・LinQの楽曲をデビュー当時から手がけているSHiNTAさんに、東京ではなく福岡で作曲活動を続ける理由についてお聞きしました。

―― SHiNTAさんのルーツについてお聞かせください。
3才の頃、親戚がピアノを始めたということでピアノ教室に行ったのですが、そこにエレクトーンがあって。そのときはピアノには興味を示さず「エレクトーンやりたい」って言ったそうです。その後は外で体を動かす野球とかに興味を持っていたのですが、中学に入ってから作曲をやってみようと思って。
―― いきなり作曲ですか。急ですね。
楽譜通りやる、というのが苦手で(笑)。野球とかやっていたのはサボっていた部分もあります。いろんな音を出すのとかが好きだったので、ラジカセに録ったりしてました。ちょうどその頃は小室哲哉さんの曲が流行っていて。
―― そうですね。個人的にはシンセサウンド全盛の時だったなと思います。
でもエレクトーンではテレビで聞いているような音が表現できないので、その頃小室さんが出していたキーボードを親にものすごくお願いして(笑)、買ってもらったんです。曲をフロッピーに保存できたんですよね。
そして高校に入る頃から音楽を作りたいと思うようになって、そのときには卒業後は専門学校に行くことは決めてましたね。専門学校を卒業後、そこで先生をしていたのですが、朝9時から夜9時までみたいな生活が耐えられなくて1年で辞めてしまったんです。その頃に出会ったのが、中島美嘉さんの曲などを手がけられているshinyaさん。で、shinyaさんが東京に出られるタイミングで、音楽プロデューサーのeichiさんを紹介いただいたんです。
それがきっかけでいろんなコンペのお話もいただけるようになって。あと福岡のスタジオでいろいろお手伝いしたり。(CDとしてリリースされた)作曲デビューとしてはeichiさんからご紹介いただいたalanというアーティストです。
―― 楽曲が世に出て行くようになったとき、SHiNTAさんのどんなところが評価されたと思いますか?
みなさんに言われたのはアレンジ力でした。アレンジが速いとか、ギターの音をよくそこまで再現できるね、とか。
ギターの音についてはずっと追求してきたんですよ。僕の世代ではビジュアル系バンドがとても流行っていて、同級生がバンドをやっていたり。「じゃあそれを打ち込んでみよう」と思ったのが一番大きかったです。生音をどこまで打ち込みで再現できるのか、という。打ち込みの音は打ち込みの音で好きなのですが、どこまで再現できるのかというのを専門学校時代にやってきて。それをやっていたからアレンジで役立つことが多かったのかなと。
―― 確かに、LinQの「チャイムが終われば」もギターの音が印象的ですね。
たぶん好きなんですよね、ギターの音が。でも僕は弾けないんですよ。収録では専門学校の同級生に今でも頼んでいます。
―― 基本的に福岡でずっと活動されているわけですよね。
はい。生まれも育ちも福岡です。東京から誘われたこともあったのですが、東京に行くと全部仕事としてやる形になるので、それが耐えきれないなと思って。福岡は若手のアーティストが多かったり、無名だけれど音楽にものすごく夢を持っている子がいるから「じゃあなんとかしてあげよう」というお手伝いが多くて。
―― 東京だと仕事はたくさんあるけれど、福岡だとそばにいてあげての育成というところまでできるというか。
僕は職業作家が嫌いなんです。「これ書いて」「はい、わかりました」という流れ作業というか。サラリーマン的なことが苦手なんですよ。会社に入ったらそういう感じじゃないですか。そういう形で音楽をやっていく人生が耐えきれないなと。なので福岡にいてよかったなあと。自分の時間も作れるし、自分の作品を残しながらお手伝いもできますし。
その分お金はないですが、でも友達が増えるというか。それがとても救われているなあと。仕事だと「わかりました、やります」だけなのが、「今日空いてますか?ご飯行きますか?」とか。福岡はみんなの住まいが近いですし。年齢差も関係ないですね。僕が教えている大学の生徒とかもそうですし。フランクに話ができるのはとてもいいなと思います。
―― 福岡を歩いていて若年層が多い印象がありますね。
僕が教えている大学では海外の人も多いですね。中国、韓国、あとネパールとか。でも、経営を学ぶ大学の中での音楽の講座、なので、音楽に興味を持って受けに来ている生徒もいれば、単位が取りやすそうと思って来ている生徒もいたり(笑)。音楽も教えるのですが、人間としての生き方とかも教えてますね。
―― 福岡在住のクリエイターとして、東京という場所をどう見ていらっしゃいます?
いろんな人が集まる場所なんだと思いますね。僕が専門学校で1年間教えていたときの生徒にPandaBoY(※)がいるのですが、彼は東京で活動していて大変だって言ってますね。実際、福岡に帰ってこようと言っていた時期もありましたし。
※…アップアップガールズ(仮)、でんぱ組.incなどのアイドルを手がける作詞・作曲・編曲・REMIX・DJ。
―― 個人的には「なんで東京?福岡でいいじゃん」という人が多い印象があります。
人によると思います。お金とか「より上の地位」を目指すのなら東京に行く人が多いです。僕は今のままでいいし、福岡が好きなんだなと思います。人のつながりに本当に救われていて。僕は精神的な安定を求めていますね。

LinQの定期公演が行われるベストホールには頻繁に足を運び、そこでのライブの様子などをチェックするだけでなく、随時音を変えるなど何よりライブを重視している。

―― 福岡の人たちの気質ってどんなところがありますか?
人がつながることですね。shinyaさん、eichiさんと知り合ったのもそうですし、僕が25才くらいにTRICK8fというダンスユニットグループをやろうというときに、eichiさん経由でSOさんと知り合って。
僕自身、音楽以外とかの「なんで関係ないこの人とつながるんだろう?」というのが多くて。今の若手も、若手のアーティストが若手のアーティストを紹介したり。僕ができる範囲ではやっています。

LinQの振り付けを担当するSOさんと共に。このように頻繁に現場で会って、LinQについて意見交換を行っているのも福岡ならではなのかもしれない。

―― LinQのベストホールでの定期公演にいらっしゃるときも、ファンの方から気軽に声をかけられていますものね。それも福岡の文化の一端なのかなと思いました。
LinQについてはスタッフが誰も音楽を知らないというところから作っていこうという話になったのもあって、僕が好きに作らせてもらったのはLinQが最初です。毎週末公演をやるので、メンバーが飽きないような曲を作ろうというのが最初のテーマでした。
LinQを手がけ始めたときに「この子たち、この曲をこれからずーっとやらないといけないんだ。」と思ったんですね。僕だったら無理だ、と。で、スタート当初は曲数も少なかったですが、そんな中でも「この曲、来たーー!」というのを作りたいなと。
やっぱり曲を好きでいてもらいたいので。演じる人が気に入るようなアレンジだったり作曲ができたら、というのはいつも思ってやっています。もちろんファンの方に気に入っていただくのも大切です。
―― 地元・福岡を拠点とするアーティストとして、LinQにどんなことを思っていらっしゃいますか?
「自己プロデュース」というか。あの子たちがいろいろ考えて、それを周りが「もっとこうしよう」とか話し合って、ステージを作っていけたらいいなと。ただ、いろいろ変えるのはいいけれど僕に一言言って、というのはありますね。歌詞変えるのもいいですが、そこは美味しいところになるのだから、先に言ってくれれば僕も音で目立たせてあげられますからね。
―― SHiNTAさんはよくベストホールにいらしていて、そこで彼女たちのライブを見て、常にいろいろ変えていってらっしゃいますものね。
あの子たちが飽きないような楽曲を作りたいなと。それが最初からのテーマです。同じ曲を何回もやるけれど「またこれなの」と思われるよりは「これいいね」と自ら選んでくれる方がいいですからね。
―― 最後に、福岡で活動される者同士、LinQにどんなことを重ね合わせていますか?
いつかはそこに他の福岡のアーティストさんが入ってきて、福岡の音楽シーンを盛り上げて、福岡のブランドとしてなっていけたら理想かな、と思います。

SHiNTA PLANET Official Web Site
http://shintaplanet.com/
SHiNTA / Special Day feat,Ayaka Yoshida

SHiNTA / Special Day feat,Ayaka Yoshida
SHiNTA / Special Day feat,Ayaka Yoshida(iTunesにリンクします)
■SHiNTAさんプロフィール
幼い頃、親戚のピアノ教室に連れて行ってもらい興味を示すもピアノではなく、そこにあったエレクトーンに興味を持つ。
中学時代から作曲をやりながらまた音楽も研究し始める。
高校に入り、EOS SOUND CONTEST ’99にてコピー部門賞を受賞。
その後、専門学校で音楽理論・DAWを学び、卒業後ユニットを組み活動。
福岡から全国・全世界へ発信していけるようなアーティストと共に作品を作っていきたいと日々活動している。

あなたにオススメ

エンジョイ!マガジン編集部