どんどん進化するフリクションシリーズがスゴイ!

フリクションといえば、PILOT社が開発した温度変化によるインキを無色化する「フリクションインキ」を搭載。書いた文字を専用ラバーでこすることで摩擦熱により筆跡を消すことができるボールペンとして、すでにおなじみの一品ですよね。

そんなフリクションシリーズ、たくさん新しいタイプが登場し、どんどん進化しているんです!

フリクションシリーズには、定番の「フリクションボール」や3色ボールペン形式の「フリクション3」などありますが、ここでは、「えっ、こんなモノまであるの!?」というちょっと変わり種を紹介します。

マーカーを引いても消せる!蛍光ペン

まずは蛍光ペンタイプ、その名も「フリクションライト」。

どんどん進化するフリクションシリーズがスゴイ!

資料にマーカーを引く機会はみなさんもよくあるハズ。そんなとき、引きすぎてどこが重要かわからなくなってしまったなんてこと、ないですか?(わたしはあります!)

今までの蛍光マーカーは、「消す」なんていうこととてもできなかったワケですが、フリクションライトなら、ペンに付属している専用ラバーできれいに消すことができます。カラーも豊富な12色展開で、色分けも自由自在です。

フリクションライトのラインナップも豊富!

ビジネスタイプは極細で手帳へのメモにも便利!

フリクションボール、便利なんだけどちょっとポップな見た目で、ビジネスシーンにはそぐわないかな・・・と思っていた方にオススメなのが「ビズ」シリーズ。

どんどん進化するフリクションシリーズがスゴイ!

書いて消せるフリクションシリーズは、手帳などで使う人も多かったことから、0.4mmの極細芯と、ビジネスシーンで使いやすくスーツにぴったりのメタルボディのビズシリーズが開発されたそう。

金属ボディの中でのカラーバリエーションもシルバーやゴールドなど豊富に揃っていて、ひと目ではちょっと高級な万年筆に見えちゃうかも。

ノック式、回転2色などもあります!

なんと24色! お子さんにもうれしい消せるカラーボールペン

「フリクションボールえんぴつ」と名付けられているのが、えんぴつのような六角形をしたシリーズ。

どんどん進化するフリクションシリーズがスゴイ!

こちらの特徴はなんといってもそのカラーバリエーション。「きいろ」や「あか」だけでなく「やまぶき」「べにさんご」「そらいろ」など、微妙な色の違いを再現して総数は24色。

仕事の打合せ中に色でイメージを膨らませたいときや、お子さんと遊びたいときにもうれしいですね。

単色、6色セット、12色セット、24色セットとあります


「こんなものまで?」という商品をどんどん展開するフリクションシリーズ。次は何が出てくるか、楽しみにしながら今日も専用ラバーで書きミスを消します!

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(75本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック