ポケ森で遊ぼう!初心者に知ってほしい3つの魅力

スマホアプリで話題の"ポケ森"ってなあに?

ポケ森で遊ぼう!初心者に知ってほしい3つの魅力

「どうぶつの森ポケットキャンプ」(以降、「ポケ森」)は、任天堂ゲームソフト「どうぶつの森」シリーズのスマホアプリゲームです。

元祖「どうぶつの森」では、ゲームの主人公(プレイヤー)は、どうぶつ達の暮らす村に引っ越す、という設定から物語がスタートしていましたが、今回ご紹介するポケ森では主人公がキャンプ場の管理人となって、どうぶつ達の集まるにぎやかなキャンプ場づくりを目指します。

ゲームソフト版「どうぶつの森」では、つりやフルーツひろい、ムシとりをすることができますが、ポケ森でも同じようなプレイができます。「どうぶつの森」シリーズ全体について言えることですが、パズルゲームやロールプレイングゲームのように目に見えた「ゴール」はありません。

...というと、本当にどうやって楽しんだら良いの?と思うかもしれませんが、どうぶつの森で過ごす日々は、どうぶつとのやり取りや現実のゲームユーザーと繋がることでゲームの中だけでなく、現実でも日々の楽しみが増えます!

また、ポケ森ならではの楽しみは、どうぶつ達のお願いを叶えることで入手した材料を集めて、家具を作ることができる点。どうぶつの好きな家具を設置してあげると、そのどうぶつを自分のキャンプに招待することができます。

ポケ森は、こう楽しむ!初心者に知って欲しい3つの魅力

とはいえ、これまでどうぶつの森を一度もやったことがないし楽しさがイマイチよく分からない...という方も多いのではないでしょうか?以下では、ポケ森がなぜ楽しいのか?という魅力を3つご紹介します。

その1 スマホでいつでもどこでもできる!

ポケ森で遊ぼう!初心者に知ってほしい3つの魅力

ポケ森は無料で配布されているスマホアプリなので、もともと持っているスマホにインストールすればすぐに遊べます。どんなゲームだったのか遊んでみたかった人にとっては、無料で遊べるところがとても魅力ですよね。

もっと遊び尽くしたい!という方はアイテムなどを購入して遊ぶこともできますが、さらにニンテンドー3DSシリーズで遊べるゲームソフト「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」では家のカスタムや服のコーディネート、季節感あふれるイベントが開催されているなど、スマホ版と違った遊び方もできるのでスマホ版でハマってしまった人はぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

その2 ゆるっと"自分流"に遊べる

ポケ森で遊ぼう!初心者に知ってほしい3つの魅力

ロールプレイングゲームなどでは、キリよくゲームを終了するのが難しいこともあります。その点、ポケ森は基本的にノルマや時間制限などがないので、隙間時間にサクッと遊べます。

また、どうぶつ達と仲良くなる、キャンプ場をにぎやかにする、という大きな目的がありますが、基本的には自分が楽しみたいように遊ぶことができます。
つりをしたり、ムシとりをしたりするのも自由ですし、洋洋服のコーディネートやキャンピングカーのカスタマイズに執念を燃やすのも自由!自分が極めたいポイントを重点的に遊ぶ遊び方ができる、というのも魅力になっています。

その3 季節によって景色が変わりイベントが楽しめる

ポケ森で遊ぼう!初心者に知ってほしい3つの魅力

どうぶつの森シリーズ全体の醍醐味ともいえますが、ゲーム内の時間が実際の時間と連動しているので、朝・昼・夜や春夏秋冬を感じることができます。夜釣りや朝の散歩、秋の紅葉や冬の雪景色など、ちょっとした変化に「そういえば、もう冬だったな〜」とほのぼのしてしまいます。

また、期間限定のイベントが開始されたときは「今日は、あれをやらなきゃ!」という、日常にちょっとした潤いが生まれますよ!

ポケ森は一人でもみんなでも楽しい!

ポケ森で遊ぼう!初心者に知ってほしい3つの魅力

ポケ森は、年代・性別関係なく誰でも楽しめるゲームです。友達のキャンプ場に行き来する機能もあるので、家族同士でお互いのキャンプ場を行き来すれば、意外な趣味が垣間見えるかもしれません。もちろん、一人でもどうぶつ達とのほんわかしたコミュニケーションで楽しいひとときが過ごせること間違いなしです!

関連記事

iニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを買ってみたぞ!
FF、DQ・・・懐かしいあのゲームをスマホでやろう
ゲーム端末に!子どもにスマホを与える賢い方法

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(34本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック