iPhoneのフリック入力を速くするテクニック

iPhoneでフリック入力するのが苦手という人は意外に多いもの。目的の文字を出すために、ガラケーのように同じ場所をポチポチ押している人は要注意です。

しかし、ちょっとしたテクニックを使うことで、フリック入力が劇的に速くなるのをご存知ですか? 今回は、iPhoneのフリック入力を速くするテクニックを紹介します。

キーボード設定を変更

まず、キーボードの設定をみなおしましょう。「一般」→「キーボード」でキーボードの設定画面に移動します。

不要なキーボードを消去

キーボードの画面に移動したら、さらに画面上部の「キーボード」をタップします。

iPhoneのフリック入力を速くするテクニック

入力時の画面切替を速くするため、不要なキーボードを左にスワイプして消去しましょう。
「日本語-ローマ字」辺りはほとんどの人が使わないと思いますが、「絵文字」はお好みでどうぞ。

不要な入力補助機能をオフ・必要な機能をオン

次に、デフォルトでオンになっている、以下の入力補助機能をオフにします。

・自動修正
・文字プレビュー
・音声入力
・自動大文字入力

上記機能の有無についてはお好みではありますが、勝手に想定してない文字に変換されたり、動作が重くなることなどがあるため、不要なものはオフにするのがおすすめです。音声入力を使っている方はオンにしておきましょう。

いっぽう、以下の機能に関しては、便利なのでオンにしておくのがおすすめです。

・スマート句読点
・フリックのみ
・スペルチェック
・Caps Lockの使用
・予測
・ピリオドの簡易入力

iPhoneのフリック入力を速くするテクニック

上記のような設定になっていればOKです。

フリック入力を速くするテクニック

では、実際にフリック入力をする際、速く入力できるテクニックを紹介します。

キーボード切り替えを速くするテクニック

通常キーボードの切り替えを行う場合には、地球マークを何度もタップする必要があります。しかし、地球マークを長押しすることで先程登録したキーボードの一覧が表示されますので、使いたいキーボードをタップすれば一瞬に切り替えが可能です。

iPhoneのフリック入力を速くするテクニック

カギカッコを速く入力するテクニック

カギカッコの入力も、通常であれば記号のキーボードに切り替えるために何度もタップする必要があるのですが、実は「や」の左右フリックで簡単に入力することができます。

iPhoneのフリック入力を速くするテクニック

小文字・濁点・半濁点を速く入力するテクニック

小文字や濁点などを入力する場合も、何度も同じ文字をフリックする必要があるのですが非常に面倒くさいですよね。

しかし、iPhoneで小文字や濁点、半濁点に変換できる文字(や・ゆ・よ、か・き・く・け・こ、など)を入力すると、絵文字入力用のキーが「小文字・濁点・半濁点」用のキーに切り替わります。

iPhoneのフリック入力を速くするテクニック

たとえば、上記のように「や」を入力すると左下のキーで小さい「ゃ」に変換できるようになるわけです。「が」や「ぷ」といった濁点、半濁点文字も同じように入力できます。

これでポチポチガラケー押しにサヨナラ

今回紹介したちょっとした設定の見直しとテクニックを使うことで、iPhoneのフリック入力が速く行えるようになります。他にも、iPhoneを左右に振ることで直前に入れた文字を消すことができたり、よく利用する単語をユーザー辞書に登録したりすることで、さらに速く入力することもできるでしょう。

これで、ガラケーのようなポチポチ入力からも、すぐ卒業することができます。

関連記事

便利さを実感!スマホ・タブレットの「音声入力」の使い方
【スマホのフリック入力】便利でミスも減る3つのキーボード設定
iPhoneを片手で操作しやすく!キーボードを右寄せ、左寄せにしてみよう

ピックアップ

ラチーコ

IT、エンタメ、ファッションから介護、債務整理関係まで節操なくカバーする副業ライター

記事(4本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック